漏水修繕工事

漏水修繕工事

今日は川崎市川崎区で給水管の漏水修繕工事を行いました。
工事現場で給水管を破損させてしまったようです。


今回は水道本管から引き込まれている部分で、漏水箇所よりも宅地内にバルブがあるため水を止められません。
水中ポンプで水を排出しながら、圧着器で給水管をつぶして断水します。


ひとまずは圧着器によって水を止めることができましたが、これで終わりではありません。
次に、復旧の準備にかかります。
まず圧着器で給水管をつぶしたので、更に本管側で復旧する必要があります。
給水管の状態を確認して、凍結をかけ再度断水させて接続替えを行うのです。
今回は炭酸ガスを使用します。


給水管に特殊なジャケットを取り付けて炭酸ガスを充填し、給水管を凍らせるのです。
給水管を凍結させている状況です。


(そろそろ良いかな)
凍結の判断は、長年の経験と実績が伴います。
ここからは、技術とスピードの見せ前です。
なぜなら凍結させている給水管を素早く切断し、凍っている間に配管を接続しなければならないからです。
(あわてず、すばやく、ていねいにっと。)
手際よく作業を進めていきます。


(よーし、うまくいった。)
漏水の復旧作業が完了しました。
あとは、凍結している給水管が溶けはじめて通水ができれば終了です。
ブシュッ、ブシュッ、シューッ
バルブから勢いよく水が噴き出してきました。
給水管の空気が抜けたらバルブを閉めて、一連の作業は終了となります。

 

以上、川崎市川崎区で給水管の漏水修繕工事を紹介いたしました。

一覧へ戻る