水道メーターボックス取替え

水道メーターボックス取替え

今回は川崎市幸区で、水道メーターボックスの取替え工事を行いました。

古くなったメーターボックスですが、よく見るとフタの部分が破損しているのが分かります。

歩行者がつまずいて転んでしまうと大変なので、オーナー様より急ぎで交換してほしいとのご依頼です。

現地を確認しますがメーターボックスが3ケ並んでいる為、バランス良く上手に取り替えなければいけません。

また既設のボックスは鋳鉄製でしたが、今回はFRP製の(R-PET)を採用しました。

FRPのメーターボックスは近年よく見かけますが、中でもR-PETはFRPに比べて更に耐候性に優れているのです。

(実は、オーナー様から教えていただいたのですが、、、)

何とも工事に取り掛かる前から、オーナー様に一本取られてしまいました。

あとは良い仕事をして挽回するのみです。

(がんばるぞ~!えい、えい、お-!)

一体、これから何が始まるのでしょうか。

まずはタイルコンクリートを切断していきます。

ほこりが舞い散らないように、集塵機を使ってほこりを吸い込んでいきます。

次にコンクリートを取り壊して既存のボックスを取り除いていきます。

(よしよし、いい感じ。)

R-PETに負けてはいられません。

徐々に給水管と水道メーターが現れてきました。

これから新しいメーターボックスを取り付けていきます。

(R-PET様に無礼のないようにな、)

「はっ、はは~っ!承知いたしました。お代官様~。」

一体、何が行われているのでしょうか?

手際よくメーターボックス様を、もといメーターボックスを取り付けていきます。

既存とサイズも違うため、バランス良く設置するのにセンスが求められます。

「これこれ、もっとちこう寄れ。」

バカ殿でしょうか。もはや誰にも止められません。

一つ一つバランスを確認しながら、周辺を埋め戻していきます。

最後に表面をセメントで仕上げて、さあ完成です。

我ながら、上手く収まりました。

これならオーナー様にも喜んでもらえそうです。

(苦しゅうない、良きにはからえ。)

「はっ、はは~っ。」

以上、川崎市幸区で水道メーターボックスの取替え工事を紹介いたしました。

 

只今5月いっぱいまで、TOTO水栓の取替えキャンペーンを行っております。

「水をつなぐ、信頼をつなぐ、つながりキャンペーン実施中!」

今回のキャンペーンは、かなりお安くさせていただいております。

キッチン水栓や、浴室のシャワー水栓の取替えをご検討中の方は、どうぞご利用ください。

詳しくは、2つ前のブログ「キャンペーンのお知らせ」まで。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る