水漏れ修理

水漏れ修理

今日は横浜市都筑区で給水管の水漏れ修理を行いました。
水道料金が急に上がったために、水道局から漏水のお知らせがあったようです。
まずは現地に到着。
お客様に水道を使わないように声をかけてから水道メーターのパイロットを確認します。
すると、どこも水道を使用していないのにパイロットがゆっくりと回っています。
本来であれば、メーターのパイロットはピタッと止まっていなければいけません。
パイロットが回っているという事は、水道メーターを水が通過して漏水しているという事になります。
ひとまず屋内から原因を調べていきます。
トイレにキッチン、洗面所にお風呂。どこも問題は無さそうです。
次に、屋外の給水管を調査していきます。
今度は給水管が地中に埋まっているので、音調棒を使って漏水音を聞き取っていきます。
家の周りの給水管から僅かながらも漏水音が聞き取れます。
「スーッ、スーッ。」こんな感じでしょうか。
(ん~っ。もう少し先かな。)
「スー、スー、シューッ。シュー。」
漏水音がはっきりと聞こえてきました。
「ここだ。」


どうやら、外水栓の下で漏水しているようです。


まずは水栓柱の排水パンを取り外して、土を掘っていきます。
徐々に給水管が現れると同時に、水も噴き出してきました。


ビニル管の継手に亀裂が入って漏水しているのがわかります。


漏水箇所を確認したら、ひとまず水道メーターのバルブで水を止めます。
あとは、手際よく給水管を取り替えていきます。
「よーし。うまくいった。」


給水管が接続されたら、ゆっくりとバルブを開けて通水していきます。
通水がおわると、水道メーターのパイロットもピタッと止まっています。
最後にお客様から漏水修繕証明書に署名をいただいて漏水の修繕工事は完了となります。
証明書を水道局に提出することで、今回の漏水にかかった水道料金を減額してもらうのです。
素早い対応に、お客様も満足して大喜びです。
「毎度ありがとうございます。」

以上、横浜市都筑区で給水管の水漏れ修理を紹介いたしました。

 

一覧へ戻る