水漏れ修理

水漏れ修理

今回は横浜市青葉区で水道管の水漏れ修理をおこないました。

日頃からお世話になっているお得意様です。

「いつもありがとうございます。」

まずは、漏水調査から始めます。

音調棒で漏水の音を聞き取り、漏水している場所を見つけ出すのです。

どうやら、屋外の水栓柱より漏水しているようです。

更に、水栓柱の下部には散水栓も設置されています。

水栓柱と散水栓は同じ系統の水道管ですが、水漏れはこの散水栓の下のようです。

またタイルはすべて、イタリア製の立派なタイルです。

残念ながら、既に市場には出回っていません。

(う~ん。どうしようかな。)

お客様と相談しながら散水栓は撤去する事となり、タイルは最小限に取り壊す事としました。

ひとまず、散水栓を取り外して漏水箇所を探していきます。

次第に水が湧いてきました。

(よしよし、もう少し。)

しかし、残念ながら散水栓の下では無かったようです。

水道管をたどっていくには、タイルを取り壊すしかありません。

でもタイルは壊したくないので、少し離れた土の部分を掘っていきます。

すると水道管が出てきました。

散水栓への系統で間違いないのですが水が湧いてきません。

ここから散水栓までの途中(タイルの下)で漏水しているのは間違いなさそうです。

そこで新しい水道管を打ち込んで、水道管の接続替えに臨みます。

何度か挑戦したのち、パイプがタイルの下を横断しました。

(よーし、上手くいった。)

あとは、横断した水道管を接続替えをして修繕は完了となります。

最後に通水をおこない、問題がないことを確認すれば漏水修繕は終了です。

お客様も手際の良い作業に大喜びです。

「毎度ありがとうございます。」

お客様の笑顔に、こちらも大満足です。

以上、横浜市青葉区で水道管の水漏れ修理を紹介いたしました。

 

早いもので、もう年の瀬ですね。

皆さん、どうぞ良いお年を。

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る