水栓柱・外水栓

水栓柱・外水栓

今回は横浜市磯子区で水栓柱(外水栓)の取り替え工事を行いました。

もともと既存の水栓柱が取り付けられていたのですが、オシャレな物に取り替えたいとの事です。

お客様と相談した結果、トーシンコーポレーションのアンポッシュと言う水栓柱に決まりました。

標準色はアイボリーとテラコッタの2種類ありましたが、悩んだ末にテラコッタとしました。

まずは、既存の水栓柱を取り外していきます。

コンクリートを取り壊しながら、接続されている給水管を探していきます。

給水管があらわれたら、水道メーターのバルブで水を止めて水栓柱を取り外します。

次に、新しい水栓柱を取り付けていきます。

基本的には給水管を接続替えすれば、あとはモルタルセメントで固定するだけです。

以前と違って、形がオシャレに出来ているので水平直角のバランスを保つのに苦労しました。

水栓柱に傷を付けないよう、気を配りながら手際良く作業を進めていきます。

水栓柱の固定が完了すれば、今度は排水パンの取り付けです。

排水管を所定の位置に立ち上げたら、表面をモルタルで仕上げていきます。

最後に排水パンを設置すれば、水栓柱の取り替え完了です。

いかがでしょう、

ずいぶんとオシャレな水栓柱に様変わりしました。

水栓柱上部には植栽が入るようになっています。

水も溜まらないように、背面に小さな水抜きがあります。

水栓も、ゴールド色の十字ハンドルを選びました。可愛らしいですね。

正面の水栓は泡沫タイプで、水が飛び跳ねないようになっています。

横についている水栓は、ホース水栓としてホースジョイントが直接取り付けられます。

植栽の緑で着飾ったら、更にグレードアップする事でしょう。

新しくなった水栓柱に、お客様も大満足の様子でした。

「毎度ありがとうございます。」

 

以上、横浜市磯子区で水栓柱の取り替え工事を紹介いたしました。

 

 

一覧へ戻る