横浜 水道修理

横浜 水道修理

今回は横浜市都筑区で水道管の水漏れ修理をおこないました。

いつもお世話になっているお得意様です。

(いつもありがとうございます。)

まずは、水道メーターのパイロットを確認します。

水を使っていなくても、パイロットがゆっくりと回っています。

パイロットの回り方から、水漏れの量が微量なので漏水箇所を見つけるのは難しそうです。

ひとまず屋内からトイレやキッチンに洗面所と水漏れを調べていきます。

いずれも問題ありません。どうやら屋外のようです。

(さてと、どうしたものかいな。)

屋外周辺はコンクリートで覆われています。

微量の漏水を見つけ出すのは相当困難です。

ここからは橋本工業の技術が試されそうです。

まず、屋外周辺を念入りに音調棒を使って漏水音を探していきます。

なかなか漏水音が聞き取れませんが、気になるところがありました。

ただ、漏水箇所が土なら掘って埋めればいいのですが、コンクリートは取り壊さなければいけません。

取り壊したあげくに漏水箇所を間違えば、お客様に迷惑をかけてしまいます。

ですが、ここは度胸と正念場です。

気になる場所のコンクリートを取り壊していきます。

ガガガガ、ガガガガッ。

(あ~、水道の神様。お願いしますよ。)

自信の無さからか、握りこぶし程の穴をあけて土を掘っていきます。

コツン(給水管でしょうか?)

シュー

(ん?)

次第に水が湧いてきました。

「よしっ。よっしゃ、やったぁ。」

ドンピシャの漏水箇所。ど真ん中ストライクです。

ここがアキバなら、お空を見上げて「萌え~っ」って感じでしょうか。

さあ、漏水を見つけたらこっちのもんです。

修理ができるようにコンクリートを取り壊します。

出てきました。漏水箇所が。

ミスト状に水が噴いています。

ちなみに手前の緑色はガス管です。

手順よく漏水箇所を取り除いて、新しい給水管を接続します。

あとは通水をおこない、問題がなければコンクリートを復旧します

手際のよい作業にお客様も大喜びです。

(ブログ前半が文字だらけなのは反省点ですが、、)

コンクリートも綺麗に仕上がりました。

「毎度ありがとうございます。」

最後は雑に画像をまとめましたが、修理は我ながら上出来でした。

物事がすべて上手くいくと気分の良いものですね。

「帰りに、宝くじでも買ってみようかなぁ。」

 

以上、横浜市都筑区で水道管の水漏れ修理を紹介いたしました。

 

 

 

 

 

一覧へ戻る