排水管取替え

排水管取替え

今回は横浜市鶴見区で、マンション室内の排水管の取替え工事を行いました。

70世帯の分譲マンションでしたが、築45年が経っており一部の住居で排水管が詰まって流れにくいとの事です。

また排水管も鉄管でシンダーコンクリート(躯体スラブ上)に埋まってた為に、大掛かりな工事となりました。

ですが、そこは百戦錬磨の橋本工業です。安心して、おまかせください。

まずは、シンダーコンクリートを取り壊して排水管をあらわしていきます。

「ガガガガ、ガガガガッ」

シンダーコンを取り壊す時の、騒音に振動は相当なご迷惑をお掛けいたしました。

(マンション内の皆さん、ご協力ありがとうございました。)

徐々に、既設の排水管があらわれてきました。

次に、既設管を撤去していきます。

排水管の中は錆コブだらけで、よく今まで流れていたなという状況です。

既設管を取り除けば、新しくビニルパイプで排水管を布設していきます。

(あわてず、すばやく、ていねいにっと。)

手際よく、排水管を取り替えていきます。

「よしっ、上手くいった。」

新しい排水管が完成しました。

手際の良い作業に、お客様も大喜びです。

あとは、通水をおこない排水管の確認をしっかりと行っていきます。

(上出来、上出来。我ながら上出来です。)

最後は、大工さんや内装屋さんに任せて綺麗に仕上げてもらいます。

「大工さん、内装屋さん。よろしゅう頼んます。」

(本当に、いつもありがとうございます。)

専門業者間の絆は本当にありがたいものです。

工事は実働5日間となりましたが、予定どおりに無駄も無くスピーディーに完成しました。

お客様や管理組合の理事長様も大変喜ばれて、こちらも大満足です。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

「毎度、ありがとうございます。」

 

以上、横浜市鶴見区で排水管の取替え工事を紹介いたしました。

「横浜市・川崎市の水道工事は橋本工業におまかせください!」

 

 

 

 

一覧へ戻る