排水管取替え工事

排水管取替え工事

今回は川崎市麻生区で排水管の取替え工事を行いました。

取引先の工務店様より、排水管の逆勾配や排水マスの接続部分の不具合を修繕してほしいとの事です。

まずは現地確認を行いますが、排水管が地中に埋設されている為に詳細が把握できません。

測量機器を使いながら、排水マスや排水管の勾配の確認を行っていきます。

排水勾配が悪い事には間違いがなさそうです。

ひとまず排水管や排水マス周辺を掘削して、現状を調査していくことになりました。

表層のコンクリートを取り壊して掘削していきますが、排水管が1m程深く配管されている為に少々苦労します。

「よいしょ、こらしょ。」

徐々に排水管があらわれてきました。

(よいしょ、こらしょ。)

次第にボルテージが上がってきます。

ドロドロの中で排水管をあらわしていきます。

排水管や排水マスがあらわれた所で、一つ一つ確認をおこないます。

排水管の勾配はどうか、排水マスに問題は無いか。

最終的に排水管の勾配や排水マスの接続状況から判断して、屋外の排水管をすべて取り替える事になりました。

排水管が逆勾配になると、流れを阻害して次第に詰まっていきます。

また排水マスもコンクリート製であれば、排水管と排水マスの接続部分が外れたり隙間ができたりしてスムーズに排水されません。

ですが、そこは百戦錬磨の橋本工業です。

長年の知識と技術力で、真正面から挑んでいきます。

既存の排水マス周辺を、すばやく取り替えて新しいビニルマスに切り替えていきます。

次に、排水管を手際よく接続替えしていきます。

次々に、新しい排水管に取り替えられていきます。

まさに、橋本工業の腕の見せ所です。

「よしっ、上手くいった。次っ。」

「よっしゃ。はい、次。」

テンポ良く作業が行われていきます。

気が付けば、全身ドロドロ。

でも粛々と作業は進められていきます。

(もう少し、あともう少し。)

「よーし、これで最後。終わった~。」

最後の排水管を接続して、接続替え工事が終わりました。

工務店や管理会社様も、まずは一安心の様子です。

無事に作業も完了して、お客様の喜ぶ笑顔には我々一同の苦労も吹き飛びます。

「どうも疲れさまでした。」

最後にコンクリートを復旧して一連の作業は完了となります。

コンクリートを流し込み、コテで丁寧に押さえていきます。

(あわてず、すばやく、ていねいにっと。)

コンクリートの表面が、きれいに仕上がりました。

我ながら上出来です。

 

以上、川崎市麻生区で排水管の取替え工事をおこいました。

「横浜・川崎の水道工事は、橋本工業におまかせください。」

どうぞ、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る