手洗い自動水栓

手洗い自動水栓

今回は横浜市緑区で手洗い用の自動水栓を取り付けました。

自動水栓とは、水栓に手を差し出すとセンサーが反応して自動で水が出てくるという優れものです。

水栓本体に触れることがない為、じつに衛生的な水栓です。

既存の2ハンドル水栓2ケ所を取り替える事となりましたが、自動水栓は二種類のタイプとしました。

ひとつは発電型で水栓から流れ出る水で水栓自体が発電をおこない、停電時にも使用できる電源不要のタイプです。

もう一つはAC100Vを必要としますが、自動水栓の吐水後に「きれい除菌水」を散布するタイプです。

どちらも超ハイスペックな水栓ですが、常に排水口を除菌する「きれい除菌水」タイプは超おすすめです。

見た目は全く同じですが、使用後にブルーのLEDライトが光ると同時に除菌成分を含んだ水が排水口をきれいにするのです。

「きれい除菌水」とは水に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる、除菌成分(次亜塩素酸)を含む水です。

薬品や洗剤を使わず、水から作られます。時間がたつと、もとの水に戻るので環境にやさしいのが特徴です。

(水とは水道水および飲用可能な井戸水です。)

また、節水効果も抜群で従来の2ハンドル型水栓に比べて84%も節水できます。

以前にメーカーの見学会で「きれい除菌水」を学んできましたが、細菌が一瞬にして死滅してしまうのには大変驚きました。

まったくTOTOさんの技術はスゴイものですね。(あっ、言っちゃったし。)

せっかくなので、ご紹介いたします。

今回ご紹介した水栓は、TOTOのアクアオート(自動水栓)となります。

本当に、日本の技術はすばらしいですね。誇りに思います。

これからは、公共施設などに自動水栓は必需品となる事でしょう。

それに比べて、我が社のブログは相変わらず添付画像の紹介で味気ないですね。

時代は令和だし、ユーチューバーを見習って動画でもやってみようかな~。

(いや~ぁ。無理無理。)

少年時代に暗記力と学習能力は、おニャン子クラブとガンダムで燃え尽きましたから、、、

 

以上横浜市緑区で自動水栓の取り替え工事を紹介いたしました。

追伸、

自動水栓や自動開閉、自動洗浄のトイレはこれから必要とされていく事でしょう。

衛生的で節水効果もあります。是非ご検討されてみては、いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

一覧へ戻る