川崎 水道修理

川崎 水道修理

今回は川崎市多摩区で水道管の漏水修理をおこないました。

いつもお世話になっている、川崎のお客様からの紹介です。

(いつもありがとうございます。)

紹介されて来ているので、いつものように良い仕事を心がけます。

まずは、漏水調査から始めていきます。

屋内の水栓やトイレなど、目視で確認できるところを調べていきます。

調べた結果、特に問題なさそうです。

どうやら屋外の地中(埋設管)より漏水しているようです。

水道の配管ルートを想定し、音調棒で漏水の音を聞き取っていく事にします。

これには、長年の経験と技術が必要とされます。

屋外の地面はコンクリートに覆われているため、漏水音も聞き取りづらい状況です。

(まさにこの状況は、難易度4!。もといレベルC~。いやいやレベル~Z!)

なにやら、接触不良のやる気スイッチが入ったようです。

水道メーターから水道管の想定ルートを真面目に調べていきます。

入念に調べたところ、気になる場所が見つかりました。

(ここかな~、もう少しこっちかな~?)

まずは思い切って、コンクリートを取り壊すことにします。

徐々に給水管があらわれてきました。

錆びて傷んではいるものの、漏水はしていません。

(ん~っ、違ったか。)

すぐ近くなのは、間違いなさそうなのですが、、、

(ん~っ、)

(んん~っ、汗)

「 シュー、シューッ 」

出てきました! 漏水箇所が。

「よしっ、グッジョブ!」

50年前の給水管です。元気に水を噴き出しています。

「よしよし、もう少し待っててね。」

丁寧に傷んだ給水管を取り除き、新しい継手に取り替えていきます。

「よーし、完了!。グッジョ~ブ、これでダイジョ~ブ。」

やる気スイッチが、感電ショートをおこし始めたようですね。

錆びついて傷んだ給水管から50年の歳月が感じられます。

今回も、ひとまずは水道屋の威厳が保てたようです。

自分の顔は泥んこですが、紹介して頂いたお客様の顔に泥をぬらずに済みました。

見事に漏水を見つけて修繕を行った事に、お客様も大喜びです。

お客様の笑顔に、苦労も吹き飛びます。

「毎度ありがとうございます。」

 

以上、川崎市多摩区で水道管の漏水修理を紹介いたしました。

一覧へ戻る