キッチン詰まり修理

キッチン詰まり修理

今回は横浜市都筑区で、キッチンの排水管つまりの修理をおこないました。

今まで少しずつは流れていたのですが、とうとう流れなくなってしまったとの事です。

特にキッチンは流れが悪いなと感じたら、早めの対応が必要です。

排水管の内部に油分などが閉塞して固まっていくと、なかなか取り除くのも大変なのです。

排水口からボコボコと音がしたり、流れが悪いと感じたら、橋本工業にご相談ください。

 

まずはキッチンの排水口からトーラー(ワイヤー)を入れて詰まっている物を崩していきます。

先端部は色んな形状パーツがありますが、このパーツで大体の対応ができます。

曲がりくねった排水管内にトーラーを上手に挿入していきます。

以外にも曲がりが3ケ以上あると、トーラー先端部分がなかなか先に進んでいかないのです。

でもそこは、百戦錬磨の橋本工業です。

手際よく作業を進めていきます。

(ん、当たったかな?)

わずかな手ごたえで、詰まりの原因箇所を捉えます。

詰まり部分に到達したらトーラーを回転させて、詰まっている油分の塊を崩していくのです。

水を流しながらトーラーを挿入していき、排水管内の状況を把握します。

目で見えない為、長年の経験則から手ごたえだけで状況を判断していくのです。

少し崩しては高圧洗浄をかけていき、また少しずつ崩していきます。

心の目を研ぎ澄まし、指先のワイヤーから排水管内を見ていくのです。

(釣りが好きな人には、なんとなく理解できるかもしれませんね。)

ていねいに、ていねいに。

でも注意しなければいけない事は、夫婦喧嘩をした後のかみさんの耳掃除です。

荒々しく容赦なしに一直線。脳みそまで一気に到達します。

これじゃ、いけませんね。

奥さんを怒らせては絶対にいけません。

(忍耐とは、、、耐え忍ぶと言う事。)

ていねいに作業を進めて、詰まりの部分も取り崩せたようです。

次に、高圧洗浄で排水管内をきれいにしていきます。

排水口から順番に排水管内を洗浄していくのです。

これはスズランと言って、ホースに近い玉から水を逆噴射して排水管内を進んでいきます。

ホース先端部の四つの玉は管内の誘導役となります。

手際よく作業が進んで臭気も無くなり、排水管内も綺麗になりました。

必要があれば、排水管内にカメラを入れて状況の確認もできます。

水栓から流した水も、きれいに排水口に流れていきます。

「よーし、作業完了。」

お客様も大喜びです。

「毎度ありがとうございます。」

 

以上、横浜市都筑区でキッチンの詰まり修理を紹介いたしました。

「排水管の詰まり修理なら、橋本工業におまかせください!」

橋本工業をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

一覧へ戻る