オフィシャルブログ|横浜市を中心に水道工事を行う橋本工業のサービス・料金案内

水漏れ修理からリフォームまで「水」の工事は橋本工業へ

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

オフィシャルブログ

HOME > オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2018年10月

電気温水器取り替え

今回は横浜市中区で電気温水器の取り替えを行いました。
お湯の出が悪くなったとの事で、まずは調査にうかがいます。
「こんにちは~。橋本工業でーす。」
恐る恐る電気温水器を拝見します。

1540895189038.jpg

(うわっ、ヴィンテージ物や。)
お客さまに聞けば、何と40年を超えているそうです。

1540895234327.jpg

大事に使われてきたのでしょうが、40年とは驚きです。
色々と調べて点検していきましたが、経年劣化が考えられます。
マンションの上階という事もあり、今回は新しい電気温水器に取り替える事となりました。
(長い間どうもお疲れさまでした。)
後日、まずは古くなった電気温水器を取り外していきます。
容量が280リットルの為、中の水を抜かないと正味300キロ以上はあります。
水を抜いている間に、まわりの配管を撤去していきます。
さてと、中身が空っぽになったようです。
「よーし、出すど~。せ~のっ。」
ズシン
(んっ、何じゃこりゃ。)
持ち上がる気配がありません。
当時の電気温水器は中身が鉄のタンクで空っぽになっても重量があったのです。
現在はステンレスのタンクで厚みも薄い為、ずいぶん軽量になっています。
「よいしょ、こらしょっと。」
結局は4人がかりでの搬出となってしまいました。
「あ~っ、疲れた~。」
気を取り直して、新しい電気温水器を設置していきます。

1540895254728.jpg

容量は300リットルとなりますが、昔に比べて軽量化されてラクチンです。
(軽っ。楽勝、楽勝。)
設置が済むと、あとは手際よく配管を接続します。
(あわてず、すばやく、ていねいにっと。)

1540895280137.jpg

「よーし、完了。」
給水管のバルブを開けて通水をして温水器に水をはっていきます。
ただ、残念ながら電源が深夜電力の為に今夜にならないとお湯の確認ができません。
ひとまずは、手際の良い作業にお客さまもご満悦の様子です。
翌朝に、お客さまに連絡をして確認する事にしました。

1540895265893.jpg

(翌朝)
「もしもーし。おはようございます。橋本工業でーす。」
無事にお湯が出てきたとの事で、お客さまも大喜びです。
よしっ、まずはひと安心です。
「毎度ありがとうございます。」

以上、横浜市中区で電気温水器の取り替えを紹介いたしました。

水栓部品取り替え

今日は横浜市都筑区でキッチン水栓の部品を取り替えました。
日頃から、お世話になっているお得意様です。
今回は水の止まりが悪いとの事で、レバーハンドル内部の部品を交換する事になりました。

1540117529443.jpg

まずは、水栓のレバーハンドルを取り外して開閉バルブ部分を取り出します。
次に、新しい部品を取り付けていきます。

1540117566054.jpg

手順としては、開閉バルブを先に挿入してスペーサーを取り付けます。

1540117604564.jpg

そして、スペーサーが外れないようにガイドリングをねじ込み固定します。

1540117617166.jpg

最後にレバーハンドルを取り付ければ完成です。

1540117625473.jpg

器用な方なら、ご自身で出来るかも知れませんが(しくじると大変なので)無理をせずに水道局指定工事業者にご相談ください。
「もとい、水道工事は安くて安心の橋本工業へおまかせください。」
「私、失敗しないので。」と、思いますので。
橋本工業は生粋の水道局指定工事業者です。
お見積は無料。親切ていねいにお応えいたします。
「どうぞお気軽にご相談ください。」

以上、横浜市都筑区で水栓部品の取り替えを紹介いたしました。

水道工事

今日は川崎市中原区で給水管の接続替え工事を行いました。
不用になった給水管を切断して撤去し、必要な給水管に接続替えをして整備する為です。
まずは表面のコンクリートを取り壊していきます。
ガガガガ、ガガガガッ。
(ご近所の皆さん、朝からご迷惑をお掛けします。)
思いの外、コンクリートの厚みがあり少々手こずります。
ガガガッ、ガガガガッ。
何とかコンクリートを取り除くと、、、
何という事でしょう。
排水管が表れてきたでは、ありませんか。

1539177465080.jpg

(この~っ、邪魔しやがって。)
排水管が行く手を阻んで仕方がない為、ひとまず排水管を切り離す事にします。
(悪いね、すぐに戻すからね。)
よいしょ、こらしょ。
排水管をとりのぞき、更に土を掘って給水管を表していきます。
「コツン。」
ようやく給水管にたどり着いたようです。
徐々に給水管が表れてきましたが、、、
まったく、何という事でしょう。
古くなった給水管は錆びてボロボロではありませんか。

1539177487417.jpg

(うーっ。こりゃ参ったな。)
でも、そこは橋本工業です。
伊達や酔狂でブログを行っていません。
手際よく古くなった給水管を取り除いて、必要な管に接続していきます。

1539177495964.jpg

古くなった給水管を接続するには色々と神経を使いますが、豊富な技術と経験で何なくクリアです。

1539177517598.jpg

「よーし、上手くいった。」
無事に接続替え完了です。

1539177545186.jpg

あとは通水をおこない、後片付けをすれば一連の作業は終了となります。
「よしよし、上手くいった。」
いったい、何という事でしょう。
ご満悦でしょうか。
2回も言ってしまいました。

以上、川崎市中原区で給水管の接続替え工事を紹介いたしました。

水道メーター移設

今回は川崎市麻生区で水道メーターの移設を行いました。
水道本管から宅地内に接続されている給水管にメインバルブも取り付けられていたので、ひとまずは安心です。

1538473510901.jpg

なぜならメインバルブを閉めれば容易に宅地内の水が止められるからです。
ひとまずメインバルブを閉めます。
次に給水管を切断してメーターを取り外したい所ですが、念のためにメーターを先に外して水が止まっているか確認します。
(気が小さい為に、ドロドロの足元で室内に入って水栓を触る度胸が無いからです。)
そのため、屋外のメーターバルブを閉めてメーターを取り外します。
次に解放されたメーターバルブを開けて水が止まっているか確認します。
すると、水が止まっていなければいけないはずだったのに~っ、、、
「ブシュ~ッ」
景気よく水が噴き出し、まったく止まっている気配がありません。
悪いことに、メインバルブは故障していたのです。
(ふぅ~っ。あわてて給水管を切らなくて良かった~。)
ですが、ここからが本題です。
まずは故障しているメインバルブを取り替えなければいけません。
バルブより給水本管側で給水管を凍結断水させて、バルブを取り替えるのです。
急いで段取りを変えて、凍結の準備をします。

1538473529119.jpg

ちなみに今回は雨が降っている為、炭酸ガスを使用します。
特殊なジャケットを給水管に巻き付けて、炭酸ガスを注入してジャケット内にドライアイスを生成し給水管を凍らせるのです。
(シュー、モコモコ。シュー。)
ジャケット内に炭酸ガスが注入されている音です。
次第に給水管が凍りはじめていきます。
「よし、そろそろ良いかな。」
凍結の判断は熟年の経験と技術が必要となります。
そして給水管が凍っている間に故障しているバルブを取り外して、新しいバルブに取り替えます。

1538473537197.jpg

「よしっ、無事に完了。」
ここまでくれば、あとは落ち着いて作業ができます。
メーターが複数あるので間違えて給水管を接続しないように、順番にメーターを取り外していきます。
手際よく作業を進めて、メーターを移設し給水管を接続していきます。

1538473566199.jpg

「よーし、上手くいった。」
あとはバルブを開いて水を出せば一連の作業は完了です。
我ながら今回も上出来です。

1538473581684.jpg

以上、川崎市麻生区で水道メーターの移設を紹介いたしました。

橋本工業では現在、スタッフを募集しております。
(水道工事に興味のある方。)
(更にスキルアップをして技術を磨きたい方。)
「どうぞお気軽に、ご相談ください。」

水道工事ならお任せください!! 橋本工業 〒224-0055 神奈川県横浜市都筑区加賀原1-8-7

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

Copyright © 水道工事・下水道工事から水周りのリフォームまで|横浜市 橋本工業. All Rights Reserved.