オフィシャルブログ|横浜市を中心に水道工事を行う橋本工業のサービス・料金案内

水漏れ修理からリフォームまで「水」の工事は橋本工業へ

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

オフィシャルブログ

HOME > オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2017年12月

水栓パッキン取り替え

今日は川崎市宮前区で水栓パッキンの取り替えを行いました。
水栓のハンドルを回して水を出すとハンドル部分から水が垂れてくるとの事です。
また、ぎゅっと閉めても水栓のノズルから水が流れ出てくる為、水栓のパッキンを取り替える事にしました。

1514542283874.jpg

まずは、水道のメーターバルブで水を止めます。
次に水栓のハンドルを取り外してスピンドル部分を取り出します。

1514542303644.jpg

このスピンドルの先に付いているのが、水栓コマと呼ばれている部品でハンドルを回して水を出したり止めたりする重要なパッキンとなります。
そしてハンドル側のナット内部にあるのが水栓上部パッキンです。
ハンドルを回して水を出している状態でもハンドル部分から水が吹き出さないようにする、これもまた重要な部品となります。

1514542357826.jpg

また、シングルレバー水栓は内部に入っているカートリッジがその役割を果たすのですが、ハンドル式の水栓は大抵このような構造になっています。

1514542368142.jpg

古くなったパッキンはゴムの部分が溶けはじめていて触ると指先や手が真っ黒になります。
酷い時には水が止まらないとの事で修理に伺うと、パッキンのゴムがまったく無くなっていた事もありました。

1514542381679.jpg

ひとまず今回はパッキンの取り替えで無事に修理が出きました。
次回は水栓の取り替えをおすすめして今回の水漏れ修理は完了です。

以上、水栓パッキンの取り替えを紹介いたしました。

( もう~幾つ寝ると~、お正月~♪ )
「 どうぞ皆さん、良いお年を。」

横浜市港北区 水道修理

今日は横浜市港北区で給水管の取り替えを行いました。
数日前に漏水の修理をおこなったのですが、給水管の傷みがひどかったので給水管を取り替える事になりました。

1514014772764.jpg

圧着ソケットで補修しているのが以前に対応した時の名残です。
今回は水道メーターから屋外部分の給水管を取り替えます。
まずはコンクリートを取り壊して給水管をあらわします。

1514014793930.jpg

老朽化で表面は錆てボロボロです。
ちなみに緑色の管はガス管です。
仲良く一緒にくっつきながら配管されていますが、修理するときなどはパイプレンチが入らずに大変苦労させられます。
とりあえず、ガス管を傷つけないように気をつけながら給水管を取り外していきます。

1514014946731.jpg

次に新しい給水管を配管します。
今度はビニルパイプを使用するので錆びる事はありません。

1514014875218.jpg

あえてガス管とは離して配管を布設しておきました。

1514014933242.jpg

最後に、取り壊したコンクリートを補修して工事は完了です。
コンクリートが固まるまでの間、足跡をつけられないようにカラーコーンで養生しておきます。
(お願いします。のら猫ちゃん、通らないでね。)

以上、横浜市港北区で水道管の修理工事を紹介いたしました。

横浜市都筑区 水道修理

今日は横浜市都筑区で水道管の水漏れ修理を行いました。
到着と同時に水道メーターのパイロットを確認しますが、ゆっくりと回っています。
(漏水としては微量かな?)
まずは音調棒で給水管から漏水している音を確認していきます。
給水管から伝わる漏水の音を聞き分けて場所を特定していくのです。
(ん〰、音が小さいな。)
漏水音が小さい為、なかなか場所が特定できません。
こうなれば経験則から給水管を掘り出して目視での調査です。
(これはあくまで経験則の為、必ずしも漏水箇所が見つかるとは限りません。酷い時には2、3日がかりで漏水を見つけて修理することもあります。)

待ってろよ、RSK(漏水箇所)。赤字にはさせないぞ。

強い意思をもって漏水箇所をスコップで掘って探していきます。
「エッサ、ホッサ。えっさっさ。」
残念ながら、ここではありません。
(ん~、違ったか。)
また次も、またまた次も残念ながら漏水箇所は出てきません。
(うう~っ、寒っ。この時期は北風が身にしみます)
こうなれば、お昼処ではありません。
気がつけば6ヵ所目です。
さすがに疲れも感じますが、水道屋魂にスイッチが入りました。
お~YDK ♪。(やれば出来る子)最終ラウンドです。
「ここで違ったら、諦めます。しばらく様子を見ましょう。」
お客さまに、そう伝えて全身全霊でスコップを踏み込みます。
(エイッ、ヤー。プニュッ。)
何とも親近感のある感触です。
プニュッ、プニュッ、ポニョ
シュー
「鬼さん、見ーつけた。」

1513684609774.jpg

漏水箇所が出てきました。

1513684622389.jpg

この瞬間は本当にホッとします。
あとは慌てずに手順よく給水管を取り替えて漏水修繕は完了です。

1513684632741.jpg

気がつけば、お客さまも一緒になって喜んでくれています。
(あ~、よかった。)
漏水が直って喜んでくれているのか、漏水を見つけられて一緒に喜んでくれているのか、複雑な心境ですが、ひとまずは水道屋冥利に尽きる一時です。
最後は掘り起こした場所を綺麗に片付けて一連の作業は終了となります。

1513684644840.jpg

以上、横浜市都筑区で水道管の水漏れ修理を紹介いたしました。

横浜市都筑区 キッチン水栓取り替え

今日は横浜市都筑区でキッチン水栓の取り替えを行いました。
日頃からお世話になっているお得意様です。
「毎度、ありがとうございます。」
長い間、大切に使われてきた水栓でしたが今日でバトンタッチです。

1513493640652.jpg

(長い間お疲れさま。)
今回はTOTOのタッチスイッチ水栓をご用意しました。
グースネックスタイルで美しいキッチン水栓です。

1513493651232.jpg

この水栓の特長はキッチンのシンクが広々と使えるので、大きなお鍋やお皿などが洗いやすくなったと大変好評です。
更に、シャワーホースを伸ばせばシンクの隅々まで綺麗に洗い流せます。

1513493659994.jpg

また、炊事中に両手がふさがっていてもタッチスイッチにより簡単に水を出したり止めたりできるので大変便利な機能になっています。

1513493681540.jpg

画像ではシャワーになっていますが、先端のノズルをひねる事で泡沫(空気を含み水が跳ねない)としても出すことができます。
エコロジーとしてのメリットはタッチスイッチを使用する事で水を出しっばなしにする事が減り、洗い物中などは大幅に節水につながります。

1513493693118.jpg

更にタッチスイッチで操作する事により、レバーハンドルから水栓の根元に水がたまる事がなくなり煩わしさも解消します。
(実際にレバーハンドルから垂れた水が水栓の根元にたまり、水垢がつく事に悩んでいるお客様が多いのです。)
すっかりとスタイルが様変わりしましたが、機能に優れた環境にも優しいキッチン水栓となりました。
お客さまにも大変満足して頂き、これから大事に使われていく事でしょう。
「さあ、2代目。今日からしっかり頼んだよ。」

以上、横浜市都筑区でキッチン水栓の取り替えを紹介いたしました。

横浜市緑区 水栓修理

今日は横浜市緑区で洗面化粧台のシングルレバー水栓の修理を行いました。
以前にも、給水管の漏水修繕で対応させていただいたクライアント様です。
(あーっ、言っちゃった。お客様の事をクライアント様と。)
「毎度ーっ、橋本工業です。いつもありがとうございまーす。」
今回は急に水が止まらなくなったとの事で、お客さまから水栓の取り替えを依頼されました。
(んーっ、水栓の取替えは本当に必要かなー?)
まずは、頂いた電話で洗面化粧台下の収納にある止水栓で水を止めてもらい現地に向かう事にします。
現地に到着して水栓を確認するとシングルレバー混合水栓です。

1512816146334.jpg

今では主流の水栓となっていますが、故障の原因はカートリッジの経年劣化による「急に水が止まらなくなった。」または「急に出なくなった。」と言う依頼が大変多い修理となっています。
また、水栓のメーカーにより様々な部品(カートリッジ)を必要とするため、すべてを持ち合わせるのも結構大変です。
今回はTOTO製の水栓だったので、持ち合わせのカートリッジで対応できそうです。
まずは、古くなったカートリッジを取り外します。

1512816128198.jpg

次に、新しいカートリッジを取り替えて修理は完了です。

1512816137821.jpg

シングルレバー混合水栓は単水栓の水栓こまと違って、カートリッジには細かなパッキンやバネなどの取り替えも必要となりますので、決して無理をせずに水道局指定工事業者にご依頼して下さい。
まずは慌てる事なく、所轄の水道局に連絡すれば指定工事業者を紹介してくれます。
(ブログを見てる方は、どうぞ橋本工業でお願いしますね。)
今回も素早い対応に、お客さまには大変喜んで頂きました。
喜んでいるお客様の笑顔を見ていると、こちらも大満足です。

以上、横浜市緑区で水栓の水漏れ修理を紹介いたしました。

このところ、朝晩めっきりと冷えてまいりました。
皆さん風邪など召しませぬよう、どうぞご自愛くださいませ。

横浜市都筑区 排水詰まり

今日は横浜市都筑区で洗面化粧台の排水詰まりの修繕を行いました。
以前にも、給水管の漏水修繕で対応させて頂いたお客さまです。
「いつもありがとうございます。」
まずは、排水管のトラップが詰まっていないか確認します。

1512557569370.jpg

取り外して中を確認したり、水を流したりしてみましたが、どうやら排水トラップではなさそうです。
次にトラップの先に接続されている排水管を調べていきます。
ここで使用するのがお馴染みのトーラーです。

1512557552912.jpg

ワイヤー状になっており、先端は詰まっているものに対して形状を変えていきます。
まずは排水管の中にワイヤーの先端を入れてゆっくりとワイヤー自体を回転させて排水管の奥に投入していきます。
あたりがあれば長年の経験から何が詰まっているか判断して、必要に応じて先端を換えていきます。
(よしよし、この調子なら大丈夫かな。)
手応えがあったので、ゆっくりとワイヤーを引き抜いていきます。
そーっと、そーっと、逃がさないように。
出てきました。

1512557587063.jpg

実際にはワイヤーの先端に髪の毛や石鹸カスがびっしりと絡まって出てきましたが、インスタ映えしなかったので排除しました。

1512557594713.jpg

最後に排水管とトラップを接続して水がきちんと流れる事を確認して作業は終了です。
お客さまも、まずはひと安心の様子でした。
「毎度、ありがとうございました。」

以上、横浜市都筑区で排水管の詰まり修理を紹介いたしました。

水道工事ならお任せください!! 橋本工業 〒224-0055 神奈川県横浜市都筑区加賀原1-8-7

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

Copyright © 水道工事・下水道工事から水周りのリフォームまで|横浜市 橋本工業. All Rights Reserved.