オフィシャルブログ|横浜市を中心に水道工事を行う橋本工業のサービス・料金案内

水漏れ修理からリフォームまで「水」の工事は橋本工業へ

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

オフィシャルブログ

HOME > オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2017年5月

雨上がりに

今日は朝から雨が降って予定していた作業も延期となりました。
ひとまず、デスクワークに切り替えて見積りや積算を始めることにします。
(何とも朝から気が重いです。)
けっこう降っていた雨も次第に上がり始めた頃。

ガサガサ、バタン
「みゃあぉ、みゃあぉ。」

(来た、来た。)
ちびっこ達のおでましです。

1495780013814.jpg

少しは馴れてきたのか、みんな窓際でひしめき合っています。

1495780023070.jpg

なんだか同じ目線で仲間になった気分ですね。
我が家のザグさんも、気になって様子を眺めています。

1495780004417.jpg

バタバタ、バタン。
いくら片付けても、この有り様です。

1495780060567.jpg

(まっ、しょうがないか。)
「お~い、お前たち~。」
パシャ

1495780051096.jpg

どうですか?見事なベストショットです。
「あんまりお母さんから離れるんじゃないよ。」
「みゃあぉ。」

かわいい訪問者

今日は午後から、お客様の所に見積書を届けに行く為、朝から見積書の内容を再確認です。
誤字脱字がないか、計算が間違ってないかなど、しっかりとチェックしておきます。
(よしよし、問題なさそうだな。)

バタバタ、バタン

(ん?なんだ、なんだ。)
外で騒がしい音がします。
何か、以前にもあったような、、、

「あ~っ、やっぱり~っ。」

何とも、かわいらしい訪問者です。

では、ご覧ください。

1495611543843.jpg

1495611582890.jpg

元気に走り回っています。

1495611427133.jpg

1495611700379.jpg

「おーい、お前たち~大きくなったら水道屋に、、、って無理か。」

1495611608124.jpg

また、良い画像が撮れたらアップしたいと思います。

横浜 漏水修理

今日は横浜市中区で給水管の漏水修理を行いました。
今回は水道メーターの2次側なのでメーターバルブで水を止めて落ち着いて対応できそうです。

1495444784683.jpg

さてと、まずはコンクリートを取り壊して給水管をあらわしていきます。
給水管を壊さないように慎重に取り壊します。
ガガガガッ、ガガががっ。
(慎重に、慎重に、)
徐々に給水管が見えてきました。

1495444800939.jpg

かなり年期の入った鉄管です。
次に給水管にこびりついたサビこぶを落としながら、あらたに接続できる部分を探します。
接続箇所が見つかれば、給水管を折らないように管端のネジ部分から順序よく外していきます。
(慎重に、慎重に、っと。)
漏水部分の傷みがひどいので特に慎重に作業をおこないます。
しくじり先生の場合だと、せっかく掘り起こした給水管を更に先で折ってしまい、また掘り起こしての繰り返しで自己嫌悪におちいり、最後にはパイプが足りなくなって、くじけてしまうのです。
(あーっ、よくやったなー。懐かしいな~っ。)

失敗は成功のもと、、、
昔の人は良く言ったものですね。

「よーし。うまくはずれた。」
見てのとおり、ボロボロの給水管です。

1495444814833.jpg

ここからは、手際よく新しい給水管を接続して修繕は完了です。

1495444842593.jpg

あとは、ゆっくりと通水をおこない、異常がなければ給水管を埋め戻してコンクリートを復旧すれば作業は終了です。

1495444858788.jpg

今日は30度はあったでしょうか。
暑かったですね。
画像からもわかるように、朝だというのに太陽の照り返しがかなり強いです。

「皆さん、熱中症に気をつけましょう。」

以上、横浜市中区で給水管の漏水修理を紹介いたしました。

橋本工業は現在、作業員募集中ですよー。
「お気軽にご連絡ください。」
「お待ちしております。」

横浜 水漏れ修理

今日は横浜市青葉区で給水管の漏水修繕を行いました。
ひとまず現地に到着しますが、漏水箇所がわからない為、まずは漏水調査から始めます。
ここでお馴染みの音調棒で漏水音を確認していきますが、敷地も広い為なかなか漏水音が聞きとれず場所が特定できません。
(ん~っ。聞こえん。)
水道メーターのパイロットは回ったままです。
(家の中じゃないのは間違いないんだけど、、、)
神経を集中させて、改めて漏水音を探していきます。
( ン〰ッ。キ・コ・エ・ン。)
漏水音は、まったく聞こえません。
(こりゃ、まいったな。)
今度は気持ちを新たに、排水マスのふたを開けてマスの中を調べていきます。
汚水マスと雨水マスの中で異常がないか目視で確認していくのです。
もちろん、漏水音も聞こえるかどうか調べていきます。
また、先日は雨が降った為に雨水マスの泥だめには雨がたまっている状態です。
慎重に1つずつ確認しながら進んでいくと、
(ん?)
シュー、シュー、(こっちだよ)シュー。
「みーつけた。」
微かにマスの中で漏水音が聞こえます。
念のために、雨水マスにたまっている水を調べて水道水が混入していないかの確認をします。

1495184429780.jpg

今回は残留塩素に反応する秘密兵器を使います。
容器内に入っている薬品が水道水に反応するのです。
なんと、水道水なら塩素が入っているので採取した水が桃色に変わるのです。
さぁ、水質検査の開始です。
「ももっ、もも ♪ 桃っ、桃 ♪」

1495184440863.jpg

わずかではありますが、見事に桃色となりました。
(よっしゃー、ここやでー。)
早速、重厚なコンクリートを取り壊して給水管をあらわしていきます。
(絶対、ここや。絶対にここやで。)
いつものように猛烈な念を送りながら土を掘っていきます。
シュー、シュー、シューッ。

1495184460330.jpg

「はいっ、おまたせっ。」
給水管の漏水箇所が出てきました。
ここまでくれば、もう慌てることはありません。
手順よく漏水箇所を取り除いて、新しい給水管に取り替えていきます。

1495184470642.jpg

「よーし。接続完了。」
無事に漏水修理が完了しました。
あとは通水確認をおこない、給水管を埋め戻してコンクリートを復旧すれば一連の作業は終了です。

1495184479660.jpg

今回は漏水箇所を見つけるまでが大変でしたが、なんとか水道屋の威厳が保てた1日でした。

以上、横浜市青葉区で漏水修繕の紹介でした。

橋本工業では現在、作業員を募集しています。
やる気のある方、スキルアップを目指している方。
「お気軽にご連絡ください。」
お待ちしております。

水道工事ならお任せください!! 橋本工業 〒224-0055 神奈川県横浜市都筑区加賀原1-8-7

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

Copyright © 水道工事・下水道工事から水周りのリフォームまで|横浜市 橋本工業. All Rights Reserved.