オフィシャルブログ|横浜市を中心に水道工事を行う橋本工業のサービス・料金案内

水漏れ修理からリフォームまで「水」の工事は橋本工業へ

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

オフィシャルブログ

HOME > オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2016年10月

川崎 水道修理

今日は川崎市川崎区で給水管の漏水修繕を行いました。
水道局からの紹介で連絡を受け、緊急出動です。
現場に到着するなり漏水箇所を確認します。

1477791643885.jpg

1477791643885.jpg

(あちゃー)
4、50年は経っているでしょうか。
給水管は錆こぶでボコボコです。
(とても接続替えが出来そうにありません。)
今回は少々手こずりそうです。
まずは慎重に錆こぶを落としていきます。
元々、給水管に亀裂が入って漏水しているので衝撃を与えないよう神経を使います。
何とか錆こぶを取り除いて、いざ勝負です。
今回は圧着ソケットを使用します。
漏水箇所の上からかぶせて締め付けていき、内面のゴムで圧着していくのです。
ただ、あまり強く締め付けると給水管を潰してしまうので絶妙な力のさじ加減が必要です。

1477791670636.jpg

1477791670636.jpg

何とか取付けが完了して、次にもう1ヶ所です。

1477791760825.jpg

1477791760825.jpg

先端の給水管が折れてしまっていたのでバルブを取付けます。
折れた給水管はネジの部分がないのでネジ接続はできません。
そこで、ここではLAソケットを使用します。
給水管とソケットの間にパッキンを取付けて外側の袋ナットを締め付けて圧着させていくのです。
もちろん、作業中は水が吹いている状態です。
カッパも長靴もドロドロです。

1477791785925.jpg

1477791785925.jpg

無事にバルブを取付け、最後にバルブを閉めて完了となります。

1477795180199.jpg

1477795180199.jpg

今回はあまりにも給水管が古いので給水本管から新しく給水管をひき直す事となりそうです。
以上、川崎市での水漏れ修理の紹介でした。

横浜市青葉区 水栓柱工事

今日は横浜市青葉区で水栓柱の取り付け工事を行いました。

1477375027973.jpg

1477375027973.jpg

元々は駐車場のコンクリート床に散水栓が着いていたのですが、使い勝手が悪いため水栓柱に付け替えたいとのご依頼です。
また裏庭にも植栽に水をまくために、もう1つ水栓柱を取り付ける事になりました。
事前に蛇口や水栓柱などはお客さまに選んでいただき、いざ工事着手です。
まずは散水栓ボックスの蛇口を撤去して、その後に専用のバルブを取り付けます。
そうする事で散水栓ボックスを取り壊さなくてすみます。

1477374951278.jpg

1477374951278.jpg

更に、そこから給水管を接続して駐車場から裏庭へと給水管を布設していきます。
散水栓ボックスの周辺を取り壊して配管をしたのですが、その時に割れたタイルも再利用してきれいに仕上がっています。
まずは駐車場側の水栓柱です。

1477374961138.jpg

1477374961138.jpg

可愛らしいハンドルがアクセントとなっています。
画像で下に向いているのはホース接続アダプターでホースをつないでもワンタッチで取り外しができます。
手前のノズルは泡沫アダプターとなっており、キッチン水栓のように水の飛びはねを防ぎます。

1477374973169.jpg

1477374973169.jpg

次に裏庭側ですが、こちらはイタズラ防止の為にキー付き水栓としました。

1477374982778.jpg

1477374982778.jpg

また、この水栓はホース接続専用として先程と同様にホースをつないでもワンタッチで取り外しができます。
今回の工事はすべて従業員に任せていたのですが、きれいに仕上がってお客さまも大満足の様子でした。

横浜 水漏れ修理

今日は朝から横浜市西区で給水管の漏水修繕を行いました。
今回は古くなったバルブより水漏れしており、幸いに道路側にも新しいバルブが取り付けられていたので水漏れは止められたようです。

1477362103343.jpg

1477362103343.jpg

画像に赤色の杭が見えますが、これはガス管を撤去したあとです。
ちなみに給水管は青色です。
まずは古くなった給水管を取り外します。
この時、力任せにすると古くなった給水管を折ってしまうため神経を使います。
何とか取り外したバルブは錆こぶでボロボロです。
次に新しいバルブを取り付けます。

1477362117023.jpg

1477362117023.jpg

ここまでくれば、あとは慌てずに手順良く作業を行います。
「よし、接続完了。」
道路側のバルブをゆっくりと開けていき通水を行います。

1477362127006.jpg

1477362127006.jpg

水漏れしていない事を確認して作業は修了となります。
(何だか物足りないですよね)
水もふいていないし、
画像にも新鮮味がないし、、、
そこで今年の夏、仕事で東京に行ったときに撮った画像をご覧ください。

1477364171836.jpg

1477364171836.jpg

東京ゲートブリッジです。
この日は天気も良く、めずらしく海上に一隻の船もなかったので、すかさずパシャッ。
お気に入りの1枚です。
大きな東京湾を眺めていると、給水管の漏水なんてカワイイものです。
次回もお楽しみに。

横浜市都筑区 水道修理

今日は横浜市都筑区で給水管の漏水修繕を行いました。
今回は横浜市水道局のホームページより漏水修繕業者を調べて、ご依頼頂いたお客さまです。
まずは現地に到着。チャイムを鳴らします。
「はい、はいー。」
あれ、聞き覚えのある声です。
出てきたのは以前に漏水修繕を行った御近所の奥さんです。
今回のお客さまとは長い付き合いで、とても仲良しの友達だそうです。
水道が水漏れしていると聞きつけ、心配で来たものの橋本工業に頼んだ事に安心していた所だったようです。
(何だか出だしから、腕がなります)
まずは音調棒で漏水音を調べていきます。

1476329924613.jpg

1476329924613.jpg

「ん、ここだな。」
漏水している場所がわかったものの、少々大変そうです。
なぜなら、外壁と排水マスの間にすきまが10センチ程度しかなく、そこで漏水しているのです。
更に、給水管の上には給湯管が配管されており、給水管のすぐ脇には排水管が横断しているのです。

1476330194236.jpg

1476330194236.jpg

(こりゃ大変かも)
テンションが下がらないうちに、いざ勝負です。
まずは漏水している部分を取り除きます。
とにかく狭いので道具が思うようにうまく使えません。
えいっ、やー、とりゃーっ。
何とか取り外して、次に新しい配管を接続していきます。
アン、ドゥ、トゥルァー。

1476330054179.jpg

1476330054179.jpg

我ながら上手に接続完了です。

1476330017398.jpg

1476330017398.jpg

あとは通水を行うのみですが、接続に接着剤を使用しているので乾いて固まるまでしばらく養生時間をおきます。
その間に泥んこになった道具をためておいた水で洗っていきます。
道具を片付けていると、お隣さんが出てきました。
「水漏れ、なおりました?」
「えぇ、おかげさまで。」
「その節は、お世話になりました。」
「えっ?」
まったく、見覚えがありません。
良く聞くと、以前に従業員が修理に伺っていたようです。
従業員が対応した事とはいえ、請求書を出すだけで記憶に残していなかったのは猛反省です。
「何かあったら、またお願いします。」
(まったく、お恥ずかしい限りです。)
さてと、反省しながら通水です。
ゆっくりとメーターバルブを開けていき水漏れがないのを確認します。
(よし、オッケー。)
あとは掘った土を埋め戻して修理は完了です。

1476330077266.jpg

1476330077266.jpg

最後に今回の漏水にかかった水道料金を減免するため、お客さまから書類にサインを頂いて水道局に提出すれば一連の流れは修了となります。

水道工事ならお任せください!! 橋本工業 〒224-0055 神奈川県横浜市都筑区加賀原1-8-7

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

Copyright © 水道工事・下水道工事から水周りのリフォームまで|横浜市 橋本工業. All Rights Reserved.