オフィシャルブログ|横浜市を中心に水道工事を行う橋本工業のサービス・料金案内

水漏れ修理からリフォームまで「水」の工事は橋本工業へ

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

オフィシャルブログ

HOME > オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2016年5月

屋根散水

今日は茨城県笠間市で屋根散水のメンテナンスを行ってきました。
今年の夏も活躍してもらうためにしっかりと保守点検を行います。
ちなみに以前にも紹介しましたが、屋根散水とは真夏の焼けた屋根に水をまいて水が蒸発することにより屋根の熱を奪い、室内の温度を下げるという仕組みです。
いわゆる気化熱の原理です。
以前は真夏の冷房がほとんど効かず、屋根の温度が80度に対し室内の温度が45度という信じられない状況でしたが屋根散水を始めてからは室内の温度が15度以上も下がり大変喜んでいただいています。
まずは屋根の上に上がって配管やスプリンクラーの点検です。
配管に水漏れや破損がないか、スプリンクラーが傾いたりしていないかなど入念に点検します。

1463648233241.jpg

1463648233241.jpg

また、今回は制御装置でタイマー設定になっているため、設定通りの散水確認や可動時間の確認などの試運転も行いました。
これが散水している状況です。

1463648272448.jpg

1463648272448.jpg

今日は天気も良くて、筑波山がきれいに見えています。

1463648261465.jpg

1463648261465.jpg

散水の配管は4系統あり、電磁弁の設定で1系統ずつ散水していきます。
1週間サイクルで日時や散水時間、1日に何回でも散水できる優れものです。

1463648180156.jpg

1463648180156.jpg

「よーし、メンテナンス完了。」
今年の夏もがんばってもらえそうです。
以上、屋根散水の紹介でした。

川崎 漏水修理

今日はあいにくの雨でしたが、午後から水道局の紹介で給水管の漏水修理を行いました。
場所は川崎市高津区。緊急出動です。
まずは到着と同時にコンクリートを取り壊していきます。

1463474326742.jpg

1463474326742.jpg

「ガガガガッ、バッシャーッ」
すごい水圧です。

1463470416440.jpg

1463470416440.jpg

スコップで掘らなくても水圧のジェット噴射で土砂を吹き飛ばしてくれています。
「手間がはぶけたわい。どうもありがとね。」
次に漏水箇所に手を突っ込んで状況を確認します。
(何じゃこりゃ~)
まるでゴジラの背中を撫でてるようです。
(こりゃ、まいったな)
給水管の回りにサビこぶがこびりついて原形をとどめていないのです。
サビこぶを取らないと修理できないし、サビこぶを取ると余計に漏水がひどくなる可能性があります。
(雨も降ってるし、まぁいいか。)
いつも以上に慎重にサビこぶを取り除きます。もちろん水が噴出している状態です。
まるでテレビとかで見るスーパードクターの心境です。
「よしよし、次、メス。」 違うか。
さて、ここで登場するのが、以前にも紹介した圧着ソケットです。
漏水箇所の上からかぶせるように取り付けて、ゴムの力で圧着するのです。
ただ取り付けるにも今回は水圧が強くて、管の状態も悪くスライドができないので、まともに水圧との勝負です。
とにかく押さえつけてボルトをねじ込みます。
水しぶきで目もあけれず指先だけの感覚です。次第に手もしびれてきます。
「よーし、うまくいった。」
無事に取付け完了。
あとは泥水を汲み上げて給水管を確認します。
徐々に給水管が見えてきます。
「給水さん、こんにちは。橋本工業です。この度はどうも、」

1463470442691.jpg

1463470442691.jpg

あらわになった給水管を見るとサビこぶで覆われて、かなり老朽している状態でした。
(んーっ、よく修理できたな。)
独りぼっちの雨の中、我ながら感心する今日この頃でした。

かやぶき屋根

先程のドリップチューブが少々、、だったので。
お昼休みに敷地内で葺き(ふき)替えをして新しくなった茅葺き(かやぶき)屋根を見てきました。
真新しい茅葺きは実に見事です。

1463130774400.jpg

1463130774400.jpg

堂々と凛とした品位に伝統を感じさせられます。まさに圧巻です。
「失礼しまーす」

1463130787429.jpg

1463130787429.jpg

中に入ると、まずは囲炉裏が目に飛び込んできました。
今でも普通に生活できそうです。

1463130797263.jpg

1463130797263.jpg

何とも言えない心地よい雰囲気です。
(あれっ、これは何だろう?)

1463130809753.jpg

1463130809753.jpg

今ではキッチンと呼ばれています。
また隣には水瓶が置いてあります。
昔は川などから水を汲んで来たのでしょうね。
さて、排水はどうなってるのでしょう?
はは~ん、なるほどね。

1463130867132.jpg

1463130867132.jpg

近年はオール電化にエコキュート。手を触れずともセンサーで水が出てきます。
時代の流れを感じさせられます。
「さぁ、拙者のお昼休みは終わりでござる。」
後半戦もドリップチューブがんばらねばっ。

あじさい

今日は東京都府中市にある郷土の森公園でかんすい工事を行いました。
以前にも紹介しましたが、かんすいとは植物や農作物に水を与える為の設備です。
今回はドリップチューブを使用します。
ドリップチューブとはホースに小さな穴が等間隔で開いており200メートル先まで延ばしても、すべての穴から一定の水が出てくるという優れものです。

1463125575777.jpg

1463125575777.jpg

そして今回のお相手はあじさいです。
近年は毎年この時期にこちらでお世話になっています。毎年少しずつ新しい苗木を増やしている為です。
(少しずつと言っても広大な敷地なので、かなりの本数です。)
さぁ、これからがあじさいの季節です。今年も元気に花を咲かせていただきましょう。
まずは地面の上でホースをつないでいきます。あじさいにきちんと水が与えられるようにホースのルートや穴の位置などに気をくばります。

1463125593765.jpg

1463125593765.jpg

ある程度、形になってくれば軽く土を削ってホースを埋めていきます。
なぜなら、カラスがいたずらをしてホースに企画外の穴を開けてしまうからです。
さぁ、いよいよ完成です。

1463125612011.jpg

1463125612011.jpg

と、言っても土に埋まっているので何も見えませんが。
「もう、カラスさん。いい加減にしてね。ブログに使えないでしょ。」

あれれ、カラスの紹介になってきたような、、、
以上、ドリップチューブの紹介でした。

水道工事ならお任せください!! 橋本工業 〒224-0055 神奈川県横浜市都筑区加賀原1-8-7

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

Copyright © 水道工事・下水道工事から水周りのリフォームまで|横浜市 橋本工業. All Rights Reserved.