オフィシャルブログ|横浜市を中心に水道工事を行う橋本工業のサービス・料金案内

水漏れ修理からリフォームまで「水」の工事は橋本工業へ

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

オフィシャルブログ

HOME > オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2015年10月

桃色の・・・

謎めいた悩ましいタイトルで失礼しました。
実はこの日、同じマンションの別の部屋でもトイレの取り替えを行いました。
もともとトイレの室内は上品なピンクのタイル張りとなっており、新しいトイレもパステルピンクと色を合わせたので、とても可愛らしく仕上がりました。
(とりあえずスマホでパシャ!)

1445505220501.jpg

1445505220501.jpg

もちろんトイレは最新鋭の超節水型です。ウォシュレットも自動開閉の自動洗浄です。見た目は可愛らしい桃色のトイレですが実は最先端の最新鋭なのです。
更にトイレの左側からほのかなライトが点灯するので夜中でも明るい照明で目を覚ますことはありません。
また、壁には天然木で出来た棚付の2連紙巻器と手すりを取り付けました。
これは高齢者のお客様にとても評判が良く、紙巻器の棚自体がひじ掛けや立ち座りの際の手すりにもなる為、毎回喜んで頂いています。
実は我が家もトイレ室内とトイレがピンクなのです。(ずいぶんと古い型ですが)

あぁ~っ、うちもトイレ取り替えよっかな~

横浜市リフォーム

今日は横浜市中区花咲町で水回りのリフォームを行いました。
トイレと洗面所とキッチンの取り替えで先日からの内装工事が完了して床や壁、天井も綺麗になり、いよいよ新しい器具の取り付けとなりました。

1445497002315.jpg

1445497002315.jpg

1445497026459.jpg

1445497026459.jpg

やはり一番のオススメはトイレです。超節水型の最新鋭でウォシュレットは便座が自動開閉となっており、さらに自動洗浄なのでトイレに触れることがありません。

1445497014891.jpg

1445497014891.jpg

画像はトイレが便器内を除菌している様子です。特にこの様子は現時点では我が国の最新技術となっており、昭和生まれの私としては文明開化から今日に至るまで(少しオーバーですね)時代の流れを感じさせられます。

(あーっ!キッチンの画像撮るの忘れた~)

気づいた頃には既にフライパンや鍋などがセッティングされており、画像は見送ることにしました。(どうもすみません)
またの機会に画像をアップします。お楽しみに。

横浜市水漏れ修理

今日は横浜市中区野毛町で排水管の水漏れ修理を行いました。
5階建てのマンションで先日からの水漏れ調査でようやく、水漏れの場所が特定できました。
その場所とは2階の住居スペースで洗面化粧台の裏にある排水管のパイプシャフトでした。
また今回、建物内には排水管の点検口などが一切無く、すべて隠ぺいされていたので水漏れ調査にはずいぶんと苦労しました。
まずは洗面化粧台を取り外して裏の壁を確認します。

1444383822920.jpg

1444383822920.jpg

(コンコン、コンコン)壁を叩いて音を調べます。
(ムムム、うーん残念)ボードかと思いきや、見事なコンクリートブロックです。
でも修理をするにはブロック壁を取り壊さなければなりません。
まずは室内が誇りまみれになるのでシートなどでしっかりと養生をします。
そして保護具やマスクを装着して、いざ腹を決めれば一気に壁を取り壊します。
(ガガガガ、ガッシャン)徐々に配管が見えてきます。
「ヨシッ、見つけた!」

1444383870435.jpg

1444383870435.jpg

1444383858642.jpg

1444383858642.jpg

何と、真っ暗な壁の中で排水管の継手が竹を割ったように水平に割れてしまっています。
(よしよし、痛かったろうねー、すぐに直してあげるからねー。)
すぐさま排水管を取り替えて無事に水漏れ修理は完了です。
内装の補修は後日となりますが、内装業者さんには壁に点検口を付けてもらいクロスできれいに仕上げてもらうよう、お願いしました。
追伸、この度は近隣の住民の皆様には騒音や振動で大変ご迷惑をおかけしました。
最後までクレーム1つ無く、無事に修理が完了できました。
ご協力ありがとうございました。

バルブ取り替え

今日は東京の三軒茶屋でメーターバルブの取り替えを行いました。
大きなマンションの散水栓に使われている共用メーターのバルブが閉まらないとの事です。
口径は20だったので給水管を切断して断水こまを使ってバルブを取り替えることにしました。

1443856537460.jpg

1443856537460.jpg

給水管の引き込み箇所にメインバルブがあるのですが24時間営業のテナント等があり、できれば水を止めたくないとの事でした。
まずは給水管を切断します。(当然すごい勢いで水が噴いてきます)

1443856743667.jpg

1443856743667.jpg

そして断水こまを投入して置きこまを行います。。本来なら閉まらないバルブから今の作業を行えばいいのですが、悪いことに閉まらないどころかバルブが完全に開かずに給水管の中に断水こまが入らなかったのです。

1443856753896.jpg

1443856753896.jpg

次に新しいメーターバルブを取り付けます。そして接着剤がしっかり乾いたところで断水こまを取り出します。(もちろん勢いよく水が噴いてきます)そしてバルブを閉めれば取り替え完了。ひとまず(>.<)y-~

1443856777997.jpg

1443856777997.jpg

あとはメーターを取り付けて通水を行い、水漏れがないことを確認したら土を埋め戻して工事は終了です。
今回は一連の作業を画像にまとめたので何となく理解が出来たかと思います。
橋本工業では現在、スタッフを募集しております。
水道工事が大好きな方、または興味のある若い方、都心の最前線で技術を発揮させすぎれる方。
お気軽にご相談ください。

水道工事ならお任せください!! 橋本工業 〒224-0055 神奈川県横浜市都筑区加賀原1-8-7

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

Copyright © 水道工事・下水道工事から水周りのリフォームまで|横浜市 橋本工業. All Rights Reserved.