オフィシャルブログ|横浜市を中心に水道工事を行う橋本工業のサービス・料金案内

水漏れ修理からリフォームまで「水」の工事は橋本工業へ

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

オフィシャルブログ

HOME > オフィシャルブログ

水漏れ修理」カテゴリーアーカイブ

圧着断水

今日は川崎市川崎区で給水管の漏水修繕を行いました。
水道局からの紹介で緊急出動です。
現場に到着すると、道路に向かって水が勢いよく吹き出しています。

1542887222154.jpg

また今回は悪い事に、コンクリートの基礎が邪魔をして自慢の圧着器が使えそうにありません。

1542887211199.jpg

(ん~困ったな。)
ひとまずは、圧着できそうな所で圧着器をかけて給水管を潰して見ることにします。
口径が40なので凄い水圧です。
「よいしょ、こらしょ。」
何とか圧着することができましたが、パイプ部分が短い為に継手のねじ部分まで変形し、水が吹き出して断水ができません。

1542887196396.jpg

(ん~やっぱり駄目か。)
気を取り直して、コンクリート壁を取り壊す事にします。
駅前の通りなので、車や歩行者がひっきりなしに通っていきます。
「うわーっ、すごい水が吹いてる。」
(そうだね、勢いよく水が吹いてるよね。)
あわてず、すばやくっと。
歩行者に気を配りながら、何とかコンクリートを取り除く事ができました。
さあ、リベンジ戦です。
今度はパイプの部分が長い縦管を圧着します。
勢いよく、水が吹いてくるなかで圧着器をセットして給水管を潰していきます。
カッパは着ているものの、この時期には夕方にもなると気温も下がり寒くてしびれます。
それでも水道屋であるかぎり、この漏水を止めなければいけません。
歯をくいしばり、圧着器に念を送り込みます。
(とまれ~。とまれ~。)

1542887337115.jpg

ギュー、ギューッ
ギューッ
ピタッ。

1542887329183.jpg

「ふぅーっ。よしっ、やったぁ。」
何とか圧着器で断水する事ができました。
「う~っ、さぶっ。」
今日はここまでにして、明日は朝から給水管を凍結させて断水をおこない、給水管を復旧することにします。
次回は凍結断水の紹介です。

以上、川崎市川崎区で給水管の圧着断水を紹介いたしました。

川崎市多摩区 漏水修理

今回は川崎市多摩区で給水管の漏水修繕を行いました。
水道局からの紹介で緊急出動です。
急いで現地に向かいますが、到着して愕然です。
(うわーっ、まじか。)
凄い勢いで水が噴いています。
ひとまずは、水中ポンプで水を汲み出します。
水中ポンプを1台、2台、3台、、、

1537272237356.jpg

まるで番町皿屋敷のお岩さんです。
最後にエンジンポンプを投入しますが、まったく追いつきません。

1537272278079.jpg

(やばい、とってもヤバイ。)
ずぶ濡れ覚悟でも、ひとまずはカッパに着替えます。
直接泥んこにならないからです。
えいっ、やぁー。
噴き出している給水管に立ち向かいますが、水圧でカッパの中に水が入り込んで風船のように膨らんでしまいます。
(うわ~っ、まるで人間水風船の宝石箱や~っ。)
宝石箱は字余りですか。
冗談はさておき、かなり深刻な状況になってきました。
今回は自力で対応できないと判断して、水道局に応援を要請する事にしました。
しばらくすると、局の緊急班が到着。
「お疲れさまです。よろしくお願いします。」
日が暮れて辺りは真っ暗になってきましたが、水の勢いは変わりません。
とにかく漏水を止めなければなりません。

1537272290661.jpg

肩まで水に浸かり、給水管に圧着器をかけようと懸命の作業です。
しかし、あまりの水圧になかなか上手くいきません。
水の勢いと同時に、石ころなどもガンガン吹き飛んでくるのです。
もう耳に水が入りすぎて、耳鳴り状態が続きます。
指先も石ころのせいで、徐々に感覚が無くなっていきます。
しかし何度も、何度も挑戦します。
「よしっ、掛かった。」
すかさず圧着器のレバーを握りしめて圧着していきます。
(よーし、いい感じ。)
ギュー、ギューッ。
口径50の鋼管が徐々に圧着されて潰れていきます。
「よしっ、やった。」
悪戦苦闘の末、ようやく漏水が止まりました。
念の為に圧着した先にバルブをとりつけて修繕作業は完了です。

1537272320700.jpg

「お疲れさまでした。」

1537272328577.jpg

本当にお疲れさまでした。
みんな全身ずぶ濡れのドロドロ。
ひとまずは断水ができたので、後日に改めて給水管を復旧する事となりました。

以上、川崎市多摩区で漏水修繕を紹介いたしました。

川崎市高津区 漏水修理

「ささの葉、さーらさらー♪のきばに揺れるー♪」
早いもので、明日は7月7日の七夕様ですね。
子どもの頃は、短冊に願い事を書いて「ファミコンが欲しいねん。」笹の葉に飾ったものですが、、、
気がつけば、7月7日はゾロ目のラッキーセブン。
それだけの理由で、何だか朝からワクワクします。
(もちろん、博打は一切やらないですよ。)
天の川に手をあわせて、そ~っと願い事。
「おりひめ様、今年の下半期もあんじょう頼んまっせ。」

今日は川崎市高津区で給水管の水漏れ修理を行いました。
古くなった給水管が破損して水が吹き出したようです。
まずは、水中ポンプで溜まっている水を汲み出します。

1530879726998.jpg

徐々に水位が下がってくると、漏水箇所の状況が分かってきました。
古くなった鉛管が裂けてしまっています。
ひとまずは、漏水を止めるために圧着器で鉛管をつぶして断水します。

1530879714022.jpg

そして水が止まっている間に、作業スペースを確保するための穴を掘っていきます。
(よーし、こんなもんかな。)
次に、圧着した先(水道本管側)で給水管を切断します。
もちろん、切断した給水管から改めて勢いよく水が吹き出てきます。
しかし、ここは橋本工業です。
この道30年の腕前で、手際よく断水コマで水を止めてバルブを取り付けていきます。

1530879759718.jpg

「よしっ、上手くいった。」

1530879775179.jpg

ここまでくれば、あとは落ち着いて給水管を接続していきます。
(あわてず、すばやく、ていねいに、っと。)
無事に給水管の接続が終わりました。

1530879789964.jpg

あとはバルブを開けて通水をおこなえば、作業は完了です。
お客さまも、終始ひととおりの修繕作業を見ていたので大変喜んでいます。
「橋本さん、どうもお疲れ様。」
「えらいおおきに。また何かあれば頼んまっさ。」

よーし、今年もあと半分。下半期も頑張っていきますぞぃ。
「おりひめ様、どうぞよろしくね。」
「ひこぼし様 もね。」

以上、川崎市高津区で給水管の水漏れ修理を紹介いたしました。

橋本工業は現在スタッフを募集しております。
「水道工事に興味のある方、お気軽にご相談ください。」

川崎市幸区 水漏れ修理

今日は川崎市幸区で給水管の水漏れ修理を行いました。
水漏れ場所はすぐに見つかったのですが、土が固くてなかなかスコップが入りません。

1529224433185.jpg

掘るのに時間がかかりましたが、ようやく漏水箇所が出てきました。
すると、何という事でしょう。
女神様のイタズラでしょうか。

1529224387396.jpg

掘った穴が偶然にもハートの形になっています。
(何か良いことがあるかも。)
掘った穴がハートの形をしただけで一体、何を期待しているのでしょうか。
さぁ、さぁ。仕事、仕事。
まずは、吹き出している給水管に断水コマを入れて断水します。
ですが、悪い事に継手の部分で折れていた為に断水コマがきちんと入らずに水がチョロチョロと出てきます。
これでは直ぐに水溜まりができて穴が掘れません。
次に、圧着器で給水管をつぶして断水します。

1529224371887.jpg

ようやく水が止まり、更に作業スペースを確保するための穴を掘っていきます。
「よーし、こんなもんかな。」
作業スペースを確保すると、穴に入って給水管を切断します。
もちろん、給水管から勢いよく水が吹き出てきます。
水柱に向かって再度、断水コマを入れて水を止めます。

1529224406457.jpg

あとは落ち着いてバルブを取り付けて断水コマを取り外せば、もう終わったようなものです。
手際よく給水管を接続して接着剤の養生時間を待ちます。
あとはバルブを開けて通水をおこない、修理は完了です。

1529224419366.jpg

「よーし、完了。」
全身泥だらけですが、無事に漏水修繕が終わりました。
(あ~、何か良いことあるかな。)

以上、川崎市幸区で給水管の水漏れ修理を紹介いたしました。

横浜都筑 水漏れ3話

「あめあめ♪ふれふれ♪かあさんが~♪」
今日は朝から、あいにくの雨です。
梅雨入りしたので仕方がないのですが、
6月だと言うのに台風が接近しているとの事。
温暖化の影響でしょうか?
今日からCO2削減に伴い、ため息の回数には気をつけたいと思います。
さて、長々と引っ張りたおした第3話。
「浴槽を復旧の巻。」
先日は水漏れの修理が無事に終わり、今日は浴槽の復旧を行います。
まずは、掘り起こした土を埋め戻してからコンクリートを練っていきます。

1528631987871.jpg

セメントやモルタルと違って、コンクリートは骨材となる砂利が入っているので練っているうちに腕が疲れてきます。
準備が出来たら、コンクリートを流して敷きならしていきます。
今回はすぐに浴槽を設置する為、コンクリートが早く固まるように急結材を混ぜています。
すばやく敷きならしたコンクリートを、丁寧にコテで仕上げていきます。
「よしっ、完了。」

1528632011112.jpg

次に屋外のコンクリートを復旧していきます。
どうでしょう、雨にも負けず何とか綺麗に仕上がりました。

1528632074392.jpg

浴室のコンクリートも固まったようなので、浴槽を設置していきます。
「よいしょ、こらしょ。」
浴槽の設置がおわると、追い焚きのアダプターを接続します。
更に、リモコンや手すりも元に戻して最後に浴槽のまわりをコーキングしていきます。
「よーし、こんなとこかな。」

1528632133962.jpg

何とか浴槽の復旧も無事に完了しました。
「お客さーん、終わりましたよ。」
今回は何かと大変だった事もあり、お客さまもホッとした表情です。
ひとまず、水漏れの修理は終わりましたが屋外屋内共に給水管がかなり傷んでいたので給水管の取り替えをお勧めして工事は終了となります。
「毎度ありがとうございます。」

以上、横浜市都筑区で給水管の水漏れ修理を紹介いたしました。

長々と「連続ブログ3話」ご視聴ありがとうございました。

横浜都筑 水漏れ2話

「どんぐりコロコロ♪どんぐりこ♪お池にはまって、、、」

間髪入れずに第2話です。
(決して、検索ヒットの為にブログのタイトルやブログ内容をアップしている訳ではないですよ。)
いつもスマホからブログを更新するのですが、画像が5枚しかアップできないのです。
(言っちゃったし、、、)

前回のブログから橋本工業は一体どうなったのか、、、
まずは手順よく浴槽を取り外していきます。
浴槽回りのコーキングを切ってバールの様なもので、こじ開けます。
もとい、持ち上げます。
(実際には浴槽を取り外すのは大変なのです。)
「えいっ、やぁーっ。」

1528552299308.jpg

何とか浴槽を傾けて、次の作業の準備にかかります。
まずは浴槽下がコンクリートなので、はつり機でコンクリートを取り壊していきます。
ガガガッ、ガガガガッ。
次にコンクリート下の土を掘り出していきます。
「えっさ、ほっさ、エッサッサ。」
とにかく狭いので大変です。

1528552327201.jpg

(ああ、今日からダイエットしよ。まじで。)
何ともお腹回りが気になるお年頃。
よいしょ、こらしょ。
カツン
何だ?またコンクリートです。
リフォーム前に施工された既存のコンクリートです。
「こんな狭い所で、またかよっ。」
とにかく、コンクリートを取り壊していきます。
ガガガ、ガガガ、ガガガのガ。
続いて土を掘り出していきます。
コツン
今度は音が違います。
何とも、懐かしいような親近感のある音です。

1528552349775.jpg

よしよし、ようやく給水管が出てきました。
「ジャジャ-ン。」
何とも立派な鎧兜をまとっての登場です。

1528552375616.jpg

(さて、この立派な錆びこぶは、一体どうしたものか?)
ですがここは、橋本工業です。
長年のキャリアと技術で乗り越えます。
「よーし、上手くいった。」
丁寧に給水管の錆びこぶを落とすと久々に圧着ソケットの登場です。
「ゆけーっ。圧着ソケット。」
「、、、、、」
継手ですから。
従業員でもないのに、指示通り動く訳がありません。
自分で作業車に取りに行き、自分で取り付けます。

1528552384729.jpg

「よしっ、完了。」
水道のメーターバルブを開けて通水をおこない、水漏れのない事を確認すると、お客さんに見てもらいます。
大変だった水漏れ修理にお客さまも大満足の様子です。
気がつけば日も暮れています。
「すいません。浴槽の復旧は明日にさせてください。」
お客さまに今晩はシャワーだけにしてもらい、明日の作業とさせて頂きました。
「よーし、帰ったら一杯飲んで明日も頑張るぞ。」
お腹回りも何処えやら、
明日は休日返上で浴槽の復旧です。

果たして、橋本工業は浴槽を無事に復旧できるのか、、、

乞うご期待。
第3話に続く、、、

横浜都筑 水漏れ1話

「で~ん、でん♪む~し、むし♪か~たつむり~っ♪」
いよいよ、関東も梅雨入りとなりました。
梅雨と言えば、アジサイにカタツムリ。
また、この時期は食べ物が傷みやすいので食中毒には気をつけましょう。
「ってゆ~か、何じゃ朝からこの暑さ~。」
梅雨入りしたと言うのに、今日の気温は30度を超えるそうです。

1528544544469.jpg

今日は横浜市都筑区で給水管の水漏れ修理を行いました。
まずは漏水調査から始めますが、朝から猛烈な日差しです。
(ア~ッ、トテモアツイデスネ。)

1528544561583.jpg

音調棒で漏水音を聞き取りながら漏水箇所を調べますが、なかなか特定できません。
ひとまずは、お客さんに状況を伝えて屋外から給水管を確認していきます。
ガガガ、ガガががっ。
コンクリートを取り壊して給水管を表していきます。
漏水箇所は見つかりませんが、出てきた給水管は錆びてボロボロです。

1528544675830.jpg

(ここじゃないし、こっちでもないか。)
思うように漏水箇所が見つかりません。
次に電子音調棒を使ってリベンジです。

1528544605525.jpg

通常の音調棒に比べて何万倍の漏水音が聞こえますが、下水道や車道などのノイズ音も同様に聞こえます。
ですが、そこは橋本工業です。
神経を集中させて、給水管の漏水音だけを聞き取っていきます。
(あ~っ。今日の晩ごはん何かな~っ。)
このように思考能力と聴覚を切り離していくのです。
(うそです。)

1528544728463.jpg

「う~ん。」
どうやら、漏水は浴室からのようです。
また浴室内を念入りに調べますが、悪い事に漏水箇所は浴槽の下からのようです。
「あっちゃ~参ったな。」

(どうするの?どうなるの?橋本工業。)

第2話に続く、、、

川崎市麻生区 水漏れ修理

今回は川崎市麻生区で給水管の水漏れ修理を行いました。
水道を使っていないのに、水道メーターのパイロットがグルグルと回っていたので気がついたそうです。
まずは漏水調査から始めますが、浴室内からシューシューと漏水音がしていたので浴室の外を確認してみます。
「ビンゴっ。見~つけたっ。」

1527848406307.jpg

すぐに漏水箇所が見つかりました。

1527848421281.jpg

「お客さーん、見つかりました。すぐになおりますよ。」

1527848436798.jpg

手際よく、漏水している部分を取り替えて修理は完了、、、

1527848448661.jpg

と、思いきや。
メーターのバルブを開けて通水すると、グルグルではないですが僅かにメーターのパイロットが回っています。
(ん?何処だろ。)
微量の漏水に音調棒で漏水音を探しますが、なかなか見つかりません。
(さて、困ったな。家の中では無さそうだし。)
この日は、掘っては埋めての繰り返しで2つ目の漏水箇所は見つかりませんでした。
後日、改めて漏水調査です。
(絶対に見つけてやる。)
気合い充分、気軽に声をかけられないモードです。
気がつけば、一通り掘り返していました。
給水管を切断してはプラグ止めを行い、漏水箇所をしぼっていきます。
(こっちで止めて、向こうは違う。向こうで止めたから、、、)
もう、心が折れそうです。
(まさか?)
最初に見つけて修理した場所を掘り下げていきます。
(ここは見たし、こっちはまだかな?)
出たっ、出ました。
2つ目の漏水箇所が。
「鬼さん、見~つけたっ。」
なんと、最初に水漏れを修理した先で給水管が健気に漏水していました。
(この、手こずらせやがって。)
すぐに見つけられなかったのと、すぐそばの漏水に気がつかず悔しさ倍増です。
「クーッッ。」
でも、そこは橋本工業です。
気持ちを切り替えて、手際よく漏水を修理していきます。
「はあ~っ、終わった~。」
恥ずかしいので画像は小さめの1枚。

1527848504102.jpg

「さて、問題です。2つ目の漏水箇所は何処だったでしょうか?」
わからなければ、そ~っとしておいてください。
まったく。何とも、お粗末さまです。
猿も木から落ちる
弘法も筆の誤り
「もういいかい、鬼さん何処だ」
まったく。

「くやしいですっ。」

以上、川崎市麻生区で給水管の水漏れ修理を紹介いたしました。

洗面化粧台メンテナンス

今日は横浜市戸塚区で洗面化粧台のメンテナンスを行いました。
まずは、シングルレバー水栓から水漏れしていたのでカートリッジを取り替えます。

1526193870759.jpg

手順は止水栓を閉めて水湯を止めてから、レバーハンドルを取り外します。
次にカートリッジの押さえナットをゆるめてカートリッジを取り出します。

1526193880011.jpg

新しいカートリッジに取り替えれば、押さえナットでしっかりと固定してレバーハンドルを取り付けます。

1526193907445.jpg

これで水栓の修理は完了です。
次に、排水の流れが悪いので排水トラップの中を確認してみます。
大体はトラップの中に髪の毛や石鹸カスなどが溜まった原因で流れを悪くします。

1526193938920.jpg

排水トラップの中を見る為に、ナット部分をゆるめて外していきます。
また、トラップ内には防臭防虫の構造上水がたまっているので、こぼれても良いように受け皿やウエス等を敷いておきます。
手順よくトラップを外していくと案の定、髪の毛などが詰まっていました。

1526193959293.jpg

これでは綺麗に排水が流れません。
排水トラップの中を綺麗に掃除して元に戻します。
これで排水の詰まりも解消して洗面化粧台の修理は完了しました。
大切に綺麗に使われてきた洗面化粧台なので、早めのメンテナンスにより改めてこれからも大事に使われていく事でしょう。
お客さまも大喜びです。
「毎度ありがとうございます。」

以上、横浜市戸塚区で洗面化粧台のメンテナンスを紹介いたしました。

横浜 メーター移設

今日は横浜市都筑区で水道メーターの移設を行いました。

1524380147675.jpg

お隣さんとの境界を少し越えていたらしく、ブロック塀が積めないとの事です。

1524380156973.jpg

まずは、メーターボックス周りのコンクリートを取り壊していきます。
給水管を傷つけないように、気をつけながら行います。

1524380118646.jpg

次に、給水管が現れてきたところで、メーターボックスの位置を決めて配管を切り回していきます。
手際よく給水管を切り回して、メーターボックスを設置します。
最後に通水をして水漏れがない事を確認すれば埋め戻しをおこない、コンクリートを復旧していきます。
まだ柔らかいコンクリートを、しっかりとコテで押さえて仕上げていきます。
さぁ、水道メーター移設の完了です。

1524380126495.jpg

次はコンクリートブロックです。
すき間に合わせて、ブロックを切断加工して積んでいきます。
少し、仕上げ面より引っ込めて最後は左官で壁面を仕上げます。
「よーし、こんなもんかな。」

1524380165339.jpg

「お客さーん、判定お願いしまーす。」
お客様を呼んで見てもらいます。
「まあ、きれいきれい。」
無事に花まるを頂戴して、今回の作業は終了です。
手際よく作業が完了したので、お客様も大満足の様子です。
「毎度ありがとうございます。」

以上、横浜市都筑区で水道メーターの移設を紹介いたしました。

水道工事ならお任せください!! 橋本工業 〒224-0055 神奈川県横浜市都筑区加賀原1-8-7

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

Copyright © 水道工事・下水道工事から水周りのリフォームまで|横浜市 橋本工業. All Rights Reserved.