オフィシャルブログ|横浜市を中心に水道工事を行う橋本工業のサービス・料金案内

水漏れ修理からリフォームまで「水」の工事は橋本工業へ

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

オフィシャルブログ

HOME > オフィシャルブログ

凍結断水工法」カテゴリーアーカイブ

凍結断水工法

今日は川崎市川崎区で給水管の凍結断水をおこないました。
先日、漏水している給水管を圧着器で潰して断水をしましたが、再度復旧しなければいけません。

1542966581503.jpg

水道本管までの間に水を止めるバルブがない為、給水管を凍らせて断水させるのです。
まずは、給水管を凍結する準備にかかります。
今回は給水管の口径が太い為に、液体窒素を使用します。
マイナス196度で一気に凍らせるのです。

1542966568562.jpg

給水管に取り付けた容器に液体窒素を注いでいきます。
駅前なので、たくさんの人通りです。
「うわー、もくもく煙が出てるー。」
(ソウデスネ。モコモコデテイマスネ。)
ブクブクと沸騰して蒸発するので、少しずつ足していきます。
また、給水管が凍結したかの判断は目視で確認できない為、長年の経験が必要とされます。
(よーし、そろそろ良いかな。)

1542966589424.jpg

圧着器を取り外して給水管を切断していきます。
もう、この頃からはブログだの画像だの考えていられません。
もたもたしていると、凍結している給水管が溶けはじめて水が吹き出してしまうからです。
(あわてず、すばやく、ていねいにっと。)
えいっ、やぁ、とりゃあ。
あくまでもイメージですよ。
「これはフィクションです。」
昭和時代のメロドラマでしょうか。
冗談はさておき、いつも通り手際よく作業をおこない給水管の復旧が完了しました。

1542966597316.jpg

凍結部分も徐々に解凍してきた為、ゆっくりとバルブを開けていきます。
スー、スーッ
通水をして給水管に水が流れる音です。
スー、スー、シューッ
シュー、シューッ
「ん?何だ。」
チャララ~ン、ラララ~ン♪
何という事でしょう。接続した先でも漏水しているではありませんか。
(まったく、しょうがないな。)
今回は大きな漏水対応だった為に、小さな漏水には気がつきませんでした。

1542966605694.jpg

気を取り直して、先ほど取り付けたバルブを閉めて、改めて給水管の接続替えを行い、無事に漏水修繕が完了しました。
「よーし、終わったぞい。」

不覚にも今回は、液体窒素で少々指先がやられてしまいました。
液体窒素から出る蒸気には気をつけねばなりません。
どうやら蒸発する蒸気でも火傷(凍傷)するようです。
河童の川流れ。猿も木から落ちる。
(水道屋が水漏れを直す。)
水道屋の威厳はかろうじて保てました。
今後は十分に気を付けて作業を行いたいものです。
まずは、めでたし。めでたし。

以上、川崎市川崎区で給水管の凍結断水を紹介いたしました。

水道メーター移設

今回は川崎市麻生区で水道メーターの移設を行いました。
水道本管から宅地内に接続されている給水管にメインバルブも取り付けられていたので、ひとまずは安心です。

1538473510901.jpg

なぜならメインバルブを閉めれば容易に宅地内の水が止められるからです。
ひとまずメインバルブを閉めます。
次に給水管を切断してメーターを取り外したい所ですが、念のためにメーターを先に外して水が止まっているか確認します。
(気が小さい為に、ドロドロの足元で室内に入って水栓を触る度胸が無いからです。)
そのため、屋外のメーターバルブを閉めてメーターを取り外します。
次に解放されたメーターバルブを開けて水が止まっているか確認します。
すると、水が止まっていなければいけないはずだったのに~っ、、、
「ブシュ~ッ」
景気よく水が噴き出し、まったく止まっている気配がありません。
悪いことに、メインバルブは故障していたのです。
(ふぅ~っ。あわてて給水管を切らなくて良かった~。)
ですが、ここからが本題です。
まずは故障しているメインバルブを取り替えなければいけません。
バルブより給水本管側で給水管を凍結断水させて、バルブを取り替えるのです。
急いで段取りを変えて、凍結の準備をします。

1538473529119.jpg

ちなみに今回は雨が降っている為、炭酸ガスを使用します。
特殊なジャケットを給水管に巻き付けて、炭酸ガスを注入してジャケット内にドライアイスを生成し給水管を凍らせるのです。
(シュー、モコモコ。シュー。)
ジャケット内に炭酸ガスが注入されている音です。
次第に給水管が凍りはじめていきます。
「よし、そろそろ良いかな。」
凍結の判断は熟年の経験と技術が必要となります。
そして給水管が凍っている間に故障しているバルブを取り外して、新しいバルブに取り替えます。

1538473537197.jpg

「よしっ、無事に完了。」
ここまでくれば、あとは落ち着いて作業ができます。
メーターが複数あるので間違えて給水管を接続しないように、順番にメーターを取り外していきます。
手際よく作業を進めて、メーターを移設し給水管を接続していきます。

1538473566199.jpg

「よーし、上手くいった。」
あとはバルブを開いて水を出せば一連の作業は完了です。
我ながら今回も上出来です。

1538473581684.jpg

以上、川崎市麻生区で水道メーターの移設を紹介いたしました。

橋本工業では現在、スタッフを募集しております。
(水道工事に興味のある方。)
(更にスキルアップをして技術を磨きたい方。)
「どうぞお気軽に、ご相談ください。」

バルブ取り替え

今日は川崎市麻生区で給水管のバルブの取り替えを行いました。
但し、今回は台風の影響でかなり手こずる事となってしまいました。
(雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ。)

「宮沢さん。(橋本工業)ウチモ、ソウデアリタイ。」

ブログの更新が滞っていた事もあり、台風だの雷だの有無を言わず現場に直行します。
(斬新な画像が欲しいな。)
決して、ブログの為だけではないですよ。
最近は忙しすぎて、ブログの事などお構いなしになっていたのです。
(えーっと、まずはああして。そのあと、こうしてっと。)
作業のシュミレーションをしながらブログ用の画像も考えて、いざ現場に到着です。
まずは、漏水箇所に水中ポンプを設置して水を汲み上げていきます。

1536147364231.jpg

次に、故障しているバルブを掘りあげて給水管を表していきます。
台風の影響で猛烈な雨風が降ったり止んだりで、まったく踏んだり蹴ったりです。
(カカッテナイシ、ワロタ。いいね!お願いします。)

1536147382532.jpg

給水管が表れたら、圧着器で断水をかけます。
自慢の圧着器にかかると鉄管であろうが、このとおりです。

1536147331716.jpg

(くぅ~っ、ストレス解消。)
バルブの宅地内側で、まずは圧着断水をおこない、次にバルブの水道本管側で凍結させて断水している間にバルブを取り替えるのです。
手際よく、凍結断水の準備にかかります。
ちなみに今回は液体窒素を使用します。

1536147417367.jpg

磨き抜かれた腕前で、給水管を凍結していきます。
(よーし、そろそろ良いかな。)
給水管が凍っている間に、すかさずパイプを切断してバルブを取り替えていきます。
「よしっ、上手くいった。」

1536147486369.jpg

我ながら惚れ惚れする腕前です。
「今回は手前味噌ですが、自分で自画自賛しました。」
(ジブンデユウテルシ、ワロタ。いいね!よろしくお願い申し上げます。)
素早い対応に、お客さまも大喜びです。
「作業完了よし、ブログ画像よしっ。」
あとは、帰りながらブログの更新内容を考える事とします。
今回は少々、おふざけが過ぎたような、、、(ワロタ=反省)
次回もお楽しみに。

早いもので、もう9月ですね。
まだまだ暑い日が続きますが、どうぞ皆さん御自愛くださいますよう。

以上、川崎市麻生区で給水管のバルブの取り替えを紹介いたしました。
今月も、頑張るぞぃ。

凍結断水工法

「あかりをつけましょ、ぼんぼりに~♪」
早いもので、もう3月ですね。
今日は3月3日の耳の日です。
「皆さん、耳の調子はいかがですか?」
「何でやねん。どないなっとんねん。」
ベタベタのノリツッコミでスタートいたします。
もとい、今日は3月3日のひな祭りです。
今夜は白酒で一杯と言ったところでしょうか。
気温も少しずつですが暖かくなってきた今日この頃。
「梅~は咲いたか♪ 桜はまだかいな~、、、♪」

今回は給水管の凍結断水工法を紹介いたします。
凍結断水とは、水道本管より配管されている給水管にバルブがなかったり、またはバルブが故障していたりする場合に水を止める手段がない為に給水管ごと凍らせて水を止めてしまう工法です。
真夏の作業なら快適なのですが、真冬の時期では過酷な状況に時おり心が折れそうになります。
また、凍結には炭酸ガスや液体窒素を使用しますが、それぞれの工法が異なります。
今回は炭酸ガスで凍結断水の状況を紹介します。
まずは現した給水管に特殊なジャケットを巻き付けます。
炭酸ガスが漏れないように、しっかりと取り付けます。
次に、ジャケットから特殊なホースを伸ばして炭酸ガスのボンベに接続します。
あとはボンベのバルブを開けてガスを注入していきます。

1520067512344.jpg

(シュー、シューゥ、モコモコ)
炭酸ガスの注入により、ジャケットの中でドライアイスを生成している音です。

1520067492065.jpg

(シュー、モコモコ。シュー)
尚、給水管の凍結確認は長年の経験による判断しかありません。
「そろそろ良いかな。」
凍結した給水管を切断していきます。
ここでモタモタしていると、凍らせている給水管が溶けはじめると同時に、超過酷な滝行が始まります。
ここは、熟年の技で手際よく作業を行います。
「あわてず、すばやく、ていねいに、っと。」

1520067482753.jpg

切断した給水管にバルブを取り付ければ、ひとまずは安心です。

1520067471152.jpg

あとは凍っている給水管が溶けて通水できれば一連の作業は完了となります。

1520067503849.jpg

「よーし、上手くいった。」
我ながら惚れ惚れする手際の良さです。
次回は自分で言わなくても良いように、みなさまの暖かいご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

以上、給水管の凍結断水作業を紹介いたしました。

川崎 水漏れ修理

今日は川崎市幸区で給水管の漏水修繕を行いました。
まずは到着と同時に水中ポンプで水を汲み上げて漏水箇所の状態を確認します。

1496310478000.jpg

(よしよし、これなら断水コマで止められる。)
給水管の管口が綺麗な状態だったので断水コマで止水を行う事にしました。
「よーし、うまくいった。」

1496310497996.jpg

次にバルブを取り付けて断水コマを取り外そうとした時です。
(ん?何だか、やな予感。)
そうです。漏水箇所はまだ先にもあったのです。
(ん~っ、そうきまっか~。)
更に給水管を表しながら、漏水箇所を特定します。
どうやら、立ち下がりの曲がり部分のようです。
こうなると、いったん段取り替えです。
漏水している先の給水管を圧着器でつぶして断水させ、更にその先で凍結をかけて切断する準備を行うのです。
とにかく掘っていきます。
(うわー、排水管が出てきた。)

1496310528275.jpg

まさに背水の陣です。

「エッサ、ホラサ。エッサっさ。」
まずは掘削が完了して凍結の準備が整いました。

「えーっ。整いました。」
「給水管とかけて凍結断水と解きます。」
その心は?
「冷めていの、つめていの、、、」
給水管をつめたい(短くしたい)の。
えーっ、お粗末さまでしたっ。

さてと、凍結の準備もできたので給水管の凍結開始です。

1496310542814.jpg

シューッ、シュー。モコモコ。
給水管を覆っているジャケットの中で炭酸ガスがドライアイスを作っている音です。
数10分後。
(そろそろ良いかな?)
給水管はしっかりと凍らされています。
手際よく、給水管を切断してバルブを取り付けていきます。

1496310570953.jpg

ここまでくれば、あとは給水管内の氷が溶け通水できれば作業は完了です。
(よしよし、今回もうまくいきました。)

以上、川崎市幸区で給水管の水漏れ修理を紹介いたしました。

橋本工業では現在、作業員を募集しています。
若くてやる気のある方、ご連絡お待ちしております。
くわしくは【 横浜 橋本工業 】で検索。

給水管 凍結断水

今日も朝から川崎市宮前区で給水管の凍結断水工事を行いました。
今回は敷地内に取り付けられている仕切弁が固くて動かず、閉栓できない為に凍結をかけて断水することになりました。
まずは、敷地内のコンクリートの階段を取り壊して給水管を表していきます。
(ご近所の皆さん、日曜日の朝からどうもすみません。)
ガッガッガッ、ガガガガッ、
徐々に給水管が見えてきました。
凍結ができる範囲までコンクリートを取り壊して、凍結の準備にかかります。

1489315012087.jpg

(ご近所の皆さん、ご協力ありがとうございました。)
今回も炭酸ガスを使用します。
凍結の準備が終わると、何となく気になったので音調棒で漏水の確認を行いました。
(スー、スーーー)
どこかで漏水しています。
給水管内の水が動いていると凍結ができません。
「まいったな。」
しばらく調査した結果、
あらわにした給水管よりも更に敷地内で漏水していると判断して、圧着器をかけて給水管をつぶしていきます。

1489315053083.jpg

鉄管でも、あっと言う間につぶれます。
再度、音調棒で確認すると見事に漏水音は消えています。
「よーし、凍結開始。」
凍結したことを確認すると、すかさず給水管を切断してバルブを取り付けます。

1489315177586.jpg

ここまでくれば、もう慌てる事はありません。
次に、本日メインイベントの敷地内にある水道メーターを移設します。

1489315168535.jpg

これで給水管を気にせず、敷地内の構造物を安心して解体できるのです。
さぁ、明日も頑張らねばっ。

給水管の凍結断水工事を紹介いたしました。

川崎市 凍結断水

今日は川崎市麻生区で給水管の凍結断水工事を行いました。
3月に入ったとはいっても、まだまだ朝は冷え込んでいて寒い中での凍結作業です。
まずは圧着器で給水管をつぶします。

1489226645647.jpg

次に水道本管側で凍結の準備にかかります。
今回は炭酸ガスを使用します。
準備が整えば、炭酸ガスを注入です。
特殊なシートで給水管をおおって、ガスが漏れないようにセッティングして凍結させるのです。
(シュー、ブシュー、)
ガスが注入されています。
(ガッ、ガッ、ガッ、ガチッ、ガチッ、)
シートの中でドライアイスが作られて固まっていく音です。

1489226656443.jpg

シートの両サイドで給水管の表面に霜ができると凍結完了のサインです。
「そろそろ良いかな。」
熟練の判断力が必要とされます。
手際よく給水管を切断すると、事前にバルブを接続して加工している給水管を接続していきます。
「よーし、接続完了。」
我ながら手際の良い作業です。

1489226668208.jpg

あとは、バルブから水道メーターまで接続して作業は完了です。

1489226679165.jpg

給水管がステンレス管なので、軽くトーチランプであぶって氷を溶かし通水できれば、一連の作業はすべて終了です。
最後は土を埋め戻して、ご覧の通りです。

1489226688788.jpg

「さぁ、あと2件。年度末の慌ただしさは毎年変わりません。」
今日も一日、頑張っていくぞい。
使用しているスマホも電話にメール、ブログにカメラ撮影と過酷な状況に疲れてきたのでしょうか、
今回のブログ画像は中くらいのサイズでしかアップできませんでした。
「おいっ、俺のスマホ。まだ3月半ばぞっ、しっかり頼むぜっ。」
「へいっ、えらいすんまへん。」
桜の咲くころには穏やかに過ごしていたいものです。

以上、川崎市麻生区で凍結断水の紹介でした。

川崎 水道修理

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今日は川崎市麻生区で給水管の漏水修理を行いました。
今回も川崎市水道局の紹介による緊急出動です。

1483784464364.jpg

1483784464364.jpg

まずは圧着器で給水管を潰して水を止めます。

1483784476867.jpg

1483784476867.jpg

そしてバルブを取り付けて圧着器をはずします。

1483784510922.jpg

1483784510922.jpg

ここまでは緊急対応のため、次に先ほど圧着をかけて傷めた給水管を取り除く必要があります。
とりあえず水が出れば良いや、という訳にはいかないのです。
(きちんと直さねばっ)
今度はバルブより水道本管側で凍結断水の準備を行います。
今回は炭酸ガスを使用することにしました。
準備が整うと炭酸ガスを注入していきます。

1483784536914.jpg

1483784536914.jpg

「そろそろ良いかな」
凍結の判断には熟練の技術と経験が必要です。
凍結の確認を行うと、素早く給水管を切断してバルブの取り付けを行います。
冬場のこの時期とは言え、もたもたしていると凍っている給水管が溶けはじめて水が噴きはじめるからです。
手際よく作業を行い、無事にバルブの取り付けは完了しました。

1483784551993.jpg

1483784551993.jpg

最後に既設の給水管と接続して通水を行えば作業は完了です。

(温かい缶コーヒーが最も身にしみる、冬の凍結作業)

今年も頑張らねばっ。

横浜 凍結断水

今日は横浜市鶴見区で給水管の切り回し工事を行いました。
今回は給水管のバルブが見つからなかった為、給水管を凍結して断水する事になりました。
まずは給水管内の水が、どちらから流れてきているのか念入りに確認します。
なぜなら、給水管を切断するのには変わりないのですが、こちらから出ると思って切断したのに、反対側から出てきてしまうと何だか切なくなってしまうからです。
(あっちむいてホイ、で負け続けて自己嫌悪に陥るような感じです。)
凍結の準備が整うと、まずは圧着器で給水管を潰していきます。
給水管内の水が動いてしまうと凍結ができないからです。
これが圧着の状況です。

1481536544614.jpg

1481536544614.jpg

以前にも紹介しましたが、何と20tの圧力で鋼管をペッタンコにします。
(黄色かった、ど根性ガエルも真っ青です。)
次に凍結を行います。
今回は炭酸ガスを使用します。

1481536577785.jpg

1481536577785.jpg

給水管に特殊なシートを巻いて、ガスが漏れないようにシートの管口を縛り炭酸ガスをガンガン注入していきます。
(シュー、プシュー)
凍ったかどうかの判断は長年の経験が必要とされます。

1481536558682.jpg

1481536558682.jpg

「よーし、良いかな。」
圧着器を取り外して給水管を切断していきます。
そして手際よく、あらかじめネジ切り加工していた給水管を接続していきます。
ここでモタモタしていると、凍っている給水管がシャーベット状になり、溶け出して一瞬にして苛酷な滝業が始まってしまうからです。
「よーし、うまくいった。」

1481536588660.jpg

1481536588660.jpg

あとは、凍っている給水管が溶けて水が流れれば無事に完了です。
冬場の凍結作業はすべてが冷たく、心の芯まで冷え込みます。
おまけに泥んこ。
アナと雪の女王のように綺麗には行きません。

「ありの~ままの~ブログで良いのよ~っ。」

アナと雪の、
もとい。
横浜市で凍結断水工事の紹介でした。

凍結断水

今日は朝から東京都中央区の建設現場で給水管のバルブを移設する工事を行いました。
水道本管から1つ目のバルブの為に、給水管を凍らせて断水させる凍結工法を行います。
また、前回は炭酸ガスを紹介しましたが、今回は液体窒素を使用します。
液体窒素は給水管を凍結させる時間が一番早いのです。
さて、準備も整い凍結開始です。
まずは給水管に設置したスチロールへ液体窒素を注ぎます。
「シュワー、モクモクモク」

1458978518092.jpg

1458978518092.jpg

ドライアイスのスモークが掘削した穴全体に広がります。
よく見ると、煙の先にバルブがちょこっと顔をだしています。
まるで霧の摩周湖のようです。
「おーい、バルブ君。待ってろよー。ううっ、寒っ。」
足元に冷気がつたわります。
初めはモクモクと広がるスモークも給水管の凍結と同時に少なくなり、次第に無くなります。
あとはスチロールの中で液体窒素がブクブクと絶対零度で沸騰しています。
「よーし、良いかな。」
給水管が凍結したのを確認し、手際よくパイプを切断します。
ここでモタモタしていると凍っている給水管が解けはじめて、もっとも過酷な滝行が始まります。
(あわてず、素早く、丁寧に、っと。)
無事にバルブの移設が完了しました。

1458978550404.jpg

1458978550404.jpg

以前よりバルブが手前にきているのが確認できます。
あとは凍っている給水管が解けはじめて、通水を確認すれば工事は完了です。

水道工事ならお任せください!! 橋本工業 〒224-0055 神奈川県横浜市都筑区加賀原1-8-7

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

Copyright © 水道工事・下水道工事から水周りのリフォームまで|横浜市 橋本工業. All Rights Reserved.