オフィシャルブログ|横浜市を中心に水道工事を行う橋本工業のサービス・料金案内

水漏れ修理からリフォームまで「水」の工事は橋本工業へ

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

オフィシャルブログ

HOME > オフィシャルブログ

日記」カテゴリーアーカイブ

キッチン水栓修理

早いもので、もう12月ですね。
師走の時期ともなれば、読んで字の如く、師匠も走らなければならない忙しい日々が続きます。
(とりあえず、事業主と師匠をかけてみました。師匠とは呼ばれていませんが、、、)
日に日に、寒くなってきた今日この頃。
皆さん如何お過ごしでしょうか。
橋本工業では現在ホームページの、、、
おっと、何でもありませんよ。何でも。

今日は横浜市都筑区でキッチン水栓の修理を行いました。
長年お世話になっている、お得意様です。
今回はキッチン水栓がきちんと止まらずポタポタと垂れてくる為に、水栓内部のカートリッジを取り替える事になりました。
まずは、古くなったカートリッジを取り外します。

1544347376605.jpg

見た目では分かりづらいですが、経年劣化によるパッキン等の磨り減りなどが原因かと思われます。
次に、新しいカートリッジを取り付けていきます。

1544347385240.jpg

付属の部品なども、取り外した順番に取り付けていきます。
最後に、レバーハンドルを取り付ければ完成です。

1544347393292.jpg

水湯の開閉をしっかりと確認して、問題はなさそうです。

1544347403420.jpg

「よーし、キッチン水栓の修理完了~。」

1544347412963.jpg

お客さまも満足そうに、ホッと一安心の様子です。
作業終了後は、恒例の井戸端会議が始まります。
テーマは毎回、お互いに飼っているペットの話しや、ベストショット画像を見せあって盛り上がるのです。
いつも、平気で作業時間よりも長く話し込んだりしています。
お客さまも、言いたい事が全て話せて大満足です。
「いつも、ありがとうございます。」

(毎度おおきに)

以上、横浜市都筑区でキッチン水栓の修理を紹介いたしました。

凍結断水工法

今日は川崎市川崎区で給水管の凍結断水をおこないました。
先日、漏水している給水管を圧着器で潰して断水をしましたが、再度復旧しなければいけません。

1542966581503.jpg

水道本管までの間に水を止めるバルブがない為、給水管を凍らせて断水させるのです。
まずは、給水管を凍結する準備にかかります。
今回は給水管の口径が太い為に、液体窒素を使用します。
マイナス196度で一気に凍らせるのです。

1542966568562.jpg

給水管に取り付けた容器に液体窒素を注いでいきます。
駅前なので、たくさんの人通りです。
「うわー、もくもく煙が出てるー。」
(ソウデスネ。モコモコデテイマスネ。)
ブクブクと沸騰して蒸発するので、少しずつ足していきます。
また、給水管が凍結したかの判断は目視で確認できない為、長年の経験が必要とされます。
(よーし、そろそろ良いかな。)

1542966589424.jpg

圧着器を取り外して給水管を切断していきます。
もう、この頃からはブログだの画像だの考えていられません。
もたもたしていると、凍結している給水管が溶けはじめて水が吹き出してしまうからです。
(あわてず、すばやく、ていねいにっと。)
えいっ、やぁ、とりゃあ。
あくまでもイメージですよ。
「これはフィクションです。」
昭和時代のメロドラマでしょうか。
冗談はさておき、いつも通り手際よく作業をおこない給水管の復旧が完了しました。

1542966597316.jpg

凍結部分も徐々に解凍してきた為、ゆっくりとバルブを開けていきます。
スー、スーッ
通水をして給水管に水が流れる音です。
スー、スー、シューッ
シュー、シューッ
「ん?何だ。」
チャララ~ン、ラララ~ン♪
何という事でしょう。接続した先でも漏水しているではありませんか。
(まったく、しょうがないな。)
今回は大きな漏水対応だった為に、小さな漏水には気がつきませんでした。

1542966605694.jpg

気を取り直して、先ほど取り付けたバルブを閉めて、改めて給水管の接続替えを行い、無事に漏水修繕が完了しました。
「よーし、終わったぞい。」

不覚にも今回は、液体窒素で少々指先がやられてしまいました。
液体窒素から出る蒸気には気をつけねばなりません。
どうやら蒸発する蒸気でも火傷(凍傷)するようです。
河童の川流れ。猿も木から落ちる。
(水道屋が水漏れを直す。)
水道屋の威厳はかろうじて保てました。
今後は十分に気を付けて作業を行いたいものです。
まずは、めでたし。めでたし。

以上、川崎市川崎区で給水管の凍結断水を紹介いたしました。

圧着断水

今日は川崎市川崎区で給水管の漏水修繕を行いました。
水道局からの紹介で緊急出動です。
現場に到着すると、道路に向かって水が勢いよく吹き出しています。

1542887222154.jpg

また今回は悪い事に、コンクリートの基礎が邪魔をして自慢の圧着器が使えそうにありません。

1542887211199.jpg

(ん~困ったな。)
ひとまずは、圧着できそうな所で圧着器をかけて給水管を潰して見ることにします。
口径が40なので凄い水圧です。
「よいしょ、こらしょ。」
何とか圧着することができましたが、パイプ部分が短い為に継手のねじ部分まで変形し、水が吹き出して断水ができません。

1542887196396.jpg

(ん~やっぱり駄目か。)
気を取り直して、コンクリート壁を取り壊す事にします。
駅前の通りなので、車や歩行者がひっきりなしに通っていきます。
「うわーっ、すごい水が吹いてる。」
(そうだね、勢いよく水が吹いてるよね。)
あわてず、すばやくっと。
歩行者に気を配りながら、何とかコンクリートを取り除く事ができました。
さあ、リベンジ戦です。
今度はパイプの部分が長い縦管を圧着します。
勢いよく、水が吹いてくるなかで圧着器をセットして給水管を潰していきます。
カッパは着ているものの、この時期には夕方にもなると気温も下がり寒くてしびれます。
それでも水道屋であるかぎり、この漏水を止めなければいけません。
歯をくいしばり、圧着器に念を送り込みます。
(とまれ~。とまれ~。)

1542887337115.jpg

ギュー、ギューッ
ギューッ
ピタッ。

1542887329183.jpg

「ふぅーっ。よしっ、やったぁ。」
何とか圧着器で断水する事ができました。
「う~っ、さぶっ。」
今日はここまでにして、明日は朝から給水管を凍結させて断水をおこない、給水管を復旧することにします。
次回は凍結断水の紹介です。

以上、川崎市川崎区で給水管の圧着断水を紹介いたしました。

工事用水栓

今回は川崎市中原区で解体工事に伴う、工事用の給水工事を行いました。
いつもお世話になっている解体業者様です。
「毎度ありがとうございます。」
解体工事でコンクリートの建物を解体することにより粉塵が発生するため、水をまいて散水をする事により粉塵をおさえるのです。
まずは、宅地内の給水管を切断して取り払う為、水道メーターの先を探って見ることにします。
コンクリートに覆われているので、取り壊しながらの調査です。
ガガガガッ、ガガガガ。
コンクリートの厚みがあったので苦労しましたが、ようやく給水管が出てきました。

1541497893489.jpg

どうやら、メーターから直ぐに左に曲がっているようです。

1541497917248.jpg

次に曲がっている先を調べていきます。
ガガガガ、ガガガガっと。
出てきました。

1541497950967.jpg

曲がった先の曲がりかどが。
場所的にも適しているので、ここに工事用の給水管を立ち上げる事にしました。
まずは既設の給水管を切断していきます。
正面にはブロック塀、すぐ脇には排水マスのマンホール。
おまけに給水管のまわりはコンクリートで覆われており、まるで税務署が3本の矢で立ち向かってきているようです。
「ど、どげんかせんといかん。」
ですが、そこは橋本工業です。
「てやんでい、こちとら稼業でぃ。」
ひとつひとつ、難問をクリアしていきます。
「そこのけ、そこのけ。給水管が通るでえの~。アイ~ン。」

1541497882798.jpg

無事に給水管の立ち上げが、完了しました。
尚、今回は解体業者様からのリクエストで消火栓バルブを取り付ける事になりました。
いつもながら手際の良い作業に、解体業者さんもご満悦の様子です。

1541497960176.jpg

(さぁ、消火栓バルブども。しっかりと水をまいて解体屋さんに奉公するんだよ。)
(へい、承知しやした。)
「解体屋さん。毎度おおきに。」

以上、川崎市中原区で解体工事に伴う工事用水栓を紹介いたしました。

電気温水器取り替え

今回は横浜市中区で電気温水器の取り替えを行いました。
お湯の出が悪くなったとの事で、まずは調査にうかがいます。
「こんにちは~。橋本工業でーす。」
恐る恐る電気温水器を拝見します。

1540895189038.jpg

(うわっ、ヴィンテージ物や。)
お客さまに聞けば、何と40年を超えているそうです。

1540895234327.jpg

大事に使われてきたのでしょうが、40年とは驚きです。
色々と調べて点検していきましたが、経年劣化が考えられます。
マンションの上階という事もあり、今回は新しい電気温水器に取り替える事となりました。
(長い間どうもお疲れさまでした。)
後日、まずは古くなった電気温水器を取り外していきます。
容量が280リットルの為、中の水を抜かないと正味300キロ以上はあります。
水を抜いている間に、まわりの配管を撤去していきます。
さてと、中身が空っぽになったようです。
「よーし、出すど~。せ~のっ。」
ズシン
(んっ、何じゃこりゃ。)
持ち上がる気配がありません。
当時の電気温水器は中身が鉄のタンクで空っぽになっても重量があったのです。
現在はステンレスのタンクで厚みも薄い為、ずいぶん軽量になっています。
「よいしょ、こらしょっと。」
結局は4人がかりでの搬出となってしまいました。
「あ~っ、疲れた~。」
気を取り直して、新しい電気温水器を設置していきます。

1540895254728.jpg

容量は300リットルとなりますが、昔に比べて軽量化されてラクチンです。
(軽っ。楽勝、楽勝。)
設置が済むと、あとは手際よく配管を接続します。
(あわてず、すばやく、ていねいにっと。)

1540895280137.jpg

「よーし、完了。」
給水管のバルブを開けて通水をして温水器に水をはっていきます。
ただ、残念ながら電源が深夜電力の為に今夜にならないとお湯の確認ができません。
ひとまずは、手際の良い作業にお客さまもご満悦の様子です。
翌朝に、お客さまに連絡をして確認する事にしました。

1540895265893.jpg

(翌朝)
「もしもーし。おはようございます。橋本工業でーす。」
無事にお湯が出てきたとの事で、お客さまも大喜びです。
よしっ、まずはひと安心です。
「毎度ありがとうございます。」

以上、横浜市中区で電気温水器の取り替えを紹介いたしました。

水栓部品取り替え

今日は横浜市都筑区でキッチン水栓の部品を取り替えました。
日頃から、お世話になっているお得意様です。
今回は水の止まりが悪いとの事で、レバーハンドル内部の部品を交換する事になりました。

1540117529443.jpg

まずは、水栓のレバーハンドルを取り外して開閉バルブ部分を取り出します。
次に、新しい部品を取り付けていきます。

1540117566054.jpg

手順としては、開閉バルブを先に挿入してスペーサーを取り付けます。

1540117604564.jpg

そして、スペーサーが外れないようにガイドリングをねじ込み固定します。

1540117617166.jpg

最後にレバーハンドルを取り付ければ完成です。

1540117625473.jpg

器用な方なら、ご自身で出来るかも知れませんが(しくじると大変なので)無理をせずに水道局指定工事業者にご相談ください。
「もとい、水道工事は安くて安心の橋本工業へおまかせください。」
「私、失敗しないので。」と、思いますので。
橋本工業は生粋の水道局指定工事業者です。
お見積は無料。親切ていねいにお応えいたします。
「どうぞお気軽にご相談ください。」

以上、横浜市都筑区で水栓部品の取り替えを紹介いたしました。

水道工事

今日は川崎市中原区で給水管の接続替え工事を行いました。
不用になった給水管を切断して撤去し、必要な給水管に接続替えをして整備する為です。
まずは表面のコンクリートを取り壊していきます。
ガガガガ、ガガガガッ。
(ご近所の皆さん、朝からご迷惑をお掛けします。)
思いの外、コンクリートの厚みがあり少々手こずります。
ガガガッ、ガガガガッ。
何とかコンクリートを取り除くと、、、
何という事でしょう。
排水管が表れてきたでは、ありませんか。

1539177465080.jpg

(この~っ、邪魔しやがって。)
排水管が行く手を阻んで仕方がない為、ひとまず排水管を切り離す事にします。
(悪いね、すぐに戻すからね。)
よいしょ、こらしょ。
排水管をとりのぞき、更に土を掘って給水管を表していきます。
「コツン。」
ようやく給水管にたどり着いたようです。
徐々に給水管が表れてきましたが、、、
まったく、何という事でしょう。
古くなった給水管は錆びてボロボロではありませんか。

1539177487417.jpg

(うーっ。こりゃ参ったな。)
でも、そこは橋本工業です。
伊達や酔狂でブログを行っていません。
手際よく古くなった給水管を取り除いて、必要な管に接続していきます。

1539177495964.jpg

古くなった給水管を接続するには色々と神経を使いますが、豊富な技術と経験で何なくクリアです。

1539177517598.jpg

「よーし、上手くいった。」
無事に接続替え完了です。

1539177545186.jpg

あとは通水をおこない、後片付けをすれば一連の作業は終了となります。
「よしよし、上手くいった。」
いったい、何という事でしょう。
ご満悦でしょうか。
2回も言ってしまいました。

以上、川崎市中原区で給水管の接続替え工事を紹介いたしました。

水道メーター移設

今回は川崎市麻生区で水道メーターの移設を行いました。
水道本管から宅地内に接続されている給水管にメインバルブも取り付けられていたので、ひとまずは安心です。

1538473510901.jpg

なぜならメインバルブを閉めれば容易に宅地内の水が止められるからです。
ひとまずメインバルブを閉めます。
次に給水管を切断してメーターを取り外したい所ですが、念のためにメーターを先に外して水が止まっているか確認します。
(気が小さい為に、ドロドロの足元で室内に入って水栓を触る度胸が無いからです。)
そのため、屋外のメーターバルブを閉めてメーターを取り外します。
次に解放されたメーターバルブを開けて水が止まっているか確認します。
すると、水が止まっていなければいけないはずだったのに~っ、、、
「ブシュ~ッ」
景気よく水が噴き出し、まったく止まっている気配がありません。
悪いことに、メインバルブは故障していたのです。
(ふぅ~っ。あわてて給水管を切らなくて良かった~。)
ですが、ここからが本題です。
まずは故障しているメインバルブを取り替えなければいけません。
バルブより給水本管側で給水管を凍結断水させて、バルブを取り替えるのです。
急いで段取りを変えて、凍結の準備をします。

1538473529119.jpg

ちなみに今回は雨が降っている為、炭酸ガスを使用します。
特殊なジャケットを給水管に巻き付けて、炭酸ガスを注入してジャケット内にドライアイスを生成し給水管を凍らせるのです。
(シュー、モコモコ。シュー。)
ジャケット内に炭酸ガスが注入されている音です。
次第に給水管が凍りはじめていきます。
「よし、そろそろ良いかな。」
凍結の判断は熟年の経験と技術が必要となります。
そして給水管が凍っている間に故障しているバルブを取り外して、新しいバルブに取り替えます。

1538473537197.jpg

「よしっ、無事に完了。」
ここまでくれば、あとは落ち着いて作業ができます。
メーターが複数あるので間違えて給水管を接続しないように、順番にメーターを取り外していきます。
手際よく作業を進めて、メーターを移設し給水管を接続していきます。

1538473566199.jpg

「よーし、上手くいった。」
あとはバルブを開いて水を出せば一連の作業は完了です。
我ながら今回も上出来です。

1538473581684.jpg

以上、川崎市麻生区で水道メーターの移設を紹介いたしました。

橋本工業では現在、スタッフを募集しております。
(水道工事に興味のある方。)
(更にスキルアップをして技術を磨きたい方。)
「どうぞお気軽に、ご相談ください。」

川崎市多摩区 漏水修理

今回は川崎市多摩区で給水管の漏水修繕を行いました。
水道局からの紹介で緊急出動です。
急いで現地に向かいますが、到着して愕然です。
(うわーっ、まじか。)
凄い勢いで水が噴いています。
ひとまずは、水中ポンプで水を汲み出します。
水中ポンプを1台、2台、3台、、、

1537272237356.jpg

まるで番町皿屋敷のお岩さんです。
最後にエンジンポンプを投入しますが、まったく追いつきません。

1537272278079.jpg

(やばい、とってもヤバイ。)
ずぶ濡れ覚悟でも、ひとまずはカッパに着替えます。
直接泥んこにならないからです。
えいっ、やぁー。
噴き出している給水管に立ち向かいますが、水圧でカッパの中に水が入り込んで風船のように膨らんでしまいます。
(うわ~っ、まるで人間水風船の宝石箱や~っ。)
宝石箱は字余りですか。
冗談はさておき、かなり深刻な状況になってきました。
今回は自力で対応できないと判断して、水道局に応援を要請する事にしました。
しばらくすると、局の緊急班が到着。
「お疲れさまです。よろしくお願いします。」
日が暮れて辺りは真っ暗になってきましたが、水の勢いは変わりません。
とにかく漏水を止めなければなりません。

1537272290661.jpg

肩まで水に浸かり、給水管に圧着器をかけようと懸命の作業です。
しかし、あまりの水圧になかなか上手くいきません。
水の勢いと同時に、石ころなどもガンガン吹き飛んでくるのです。
もう耳に水が入りすぎて、耳鳴り状態が続きます。
指先も石ころのせいで、徐々に感覚が無くなっていきます。
しかし何度も、何度も挑戦します。
「よしっ、掛かった。」
すかさず圧着器のレバーを握りしめて圧着していきます。
(よーし、いい感じ。)
ギュー、ギューッ。
口径50の鋼管が徐々に圧着されて潰れていきます。
「よしっ、やった。」
悪戦苦闘の末、ようやく漏水が止まりました。
念の為に圧着した先にバルブをとりつけて修繕作業は完了です。

1537272320700.jpg

「お疲れさまでした。」

1537272328577.jpg

本当にお疲れさまでした。
みんな全身ずぶ濡れのドロドロ。
ひとまずは断水ができたので、後日に改めて給水管を復旧する事となりました。

以上、川崎市多摩区で漏水修繕を紹介いたしました。

曇り時々レインガン

今日は千葉県船橋市でスプリンクラーの試運転を行いました。
あいにくの天気だったので、インスタ映えもせず、タイトルでオチをつけてみました。
今回は破砕プラントに対して、粉塵対策用にスプリンクラーを設置しました。
取り付けたのは口径40のスプリンクラーで(通称レインガン)です。
半径40Mを瞬く間に散水できます。
晴れていれば散水の試運転だと分かるのですが、曇っていると試運転している本人でさえ突然雨が降ってきたのかと錯覚してしまいます。
(うわーっ、降ってきた。カッパ、カッパ。)
「って、何でやね~ん。」
さてと、試運転開始です。

1536655072223.jpg

シューッ、パッ、パッ、パッ。
景気よく水を散水していきます。

1536655111637.jpg

シューッ、シューッ。
パッ、パッ、パッ。

1536655269005.jpg

(あぁ、天気が良ければなぁ~。)
すると、何という事でしょう。

1536655331790.jpg

僅かながらも、青空が見えてきたではありませんか。
(日頃の行いが良いからでしょうか?)
いいえ、北東からの冷たく湿った空気の影響によるものです。
あとにも先にも青空が垣間見えたのは、この1枚となりましたが少しは気分も晴れたようです。
試運転も無事に終わり検査も合格。取り付けたスプリンクラーは、これから大いに活躍してくれる事でしょう。

1536655520592.jpg

「おーい、レインガン。達者に暮らすんだよ、あとはしっかり頼んだよー。」

以上、スプリンクラーの散水状況を、、、
もとい、「曇り時々レインガン」を紹介いたしました。

水道工事ならお任せください!! 橋本工業 〒224-0055 神奈川県横浜市都筑区加賀原1-8-7

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

Copyright © 水道工事・下水道工事から水周りのリフォームまで|横浜市 橋本工業. All Rights Reserved.