オフィシャルブログ|横浜市を中心に水道工事を行う橋本工業のサービス・料金案内

水漏れ修理からリフォームまで「水」の工事は橋本工業へ

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

オフィシャルブログ

HOME > オフィシャルブログ

凍結断水工法

Share on Facebook
LINEで送る

今日は川崎市川崎区で給水管の凍結断水をおこないました。
先日、漏水している給水管を圧着器で潰して断水をしましたが、再度復旧しなければいけません。

1542966581503.jpg

水道本管までの間に水を止めるバルブがない為、給水管を凍らせて断水させるのです。
まずは、給水管を凍結する準備にかかります。
今回は給水管の口径が太い為に、液体窒素を使用します。
マイナス196度で一気に凍らせるのです。

1542966568562.jpg

給水管に取り付けた容器に液体窒素を注いでいきます。
駅前なので、たくさんの人通りです。
「うわー、もくもく煙が出てるー。」
(ソウデスネ。モコモコデテイマスネ。)
ブクブクと沸騰して蒸発するので、少しずつ足していきます。
また、給水管が凍結したかの判断は目視で確認できない為、長年の経験が必要とされます。
(よーし、そろそろ良いかな。)

1542966589424.jpg

圧着器を取り外して給水管を切断していきます。
もう、この頃からはブログだの画像だの考えていられません。
もたもたしていると、凍結している給水管が溶けはじめて水が吹き出してしまうからです。
(あわてず、すばやく、ていねいにっと。)
えいっ、やぁ、とりゃあ。
あくまでもイメージですよ。
「これはフィクションです。」
昭和時代のメロドラマでしょうか。
冗談はさておき、いつも通り手際よく作業をおこない給水管の復旧が完了しました。

1542966597316.jpg

凍結部分も徐々に解凍してきた為、ゆっくりとバルブを開けていきます。
スー、スーッ
通水をして給水管に水が流れる音です。
スー、スー、シューッ
シュー、シューッ
「ん?何だ。」
チャララ~ン、ラララ~ン♪
何という事でしょう。接続した先でも漏水しているではありませんか。
(まったく、しょうがないな。)
今回は大きな漏水対応だった為に、小さな漏水には気がつきませんでした。

1542966605694.jpg

気を取り直して、先ほど取り付けたバルブを閉めて、改めて給水管の接続替えを行い、無事に漏水修繕が完了しました。
「よーし、終わったぞい。」

不覚にも今回は、液体窒素で少々指先がやられてしまいました。
液体窒素から出る蒸気には気をつけねばなりません。
どうやら蒸発する蒸気でも火傷(凍傷)するようです。
河童の川流れ。猿も木から落ちる。
(水道屋が水漏れを直す。)
水道屋の威厳はかろうじて保てました。
今後は十分に気を付けて作業を行いたいものです。
まずは、めでたし。めでたし。

以上、川崎市川崎区で給水管の凍結断水を紹介いたしました。

水道工事ならお任せください!! 橋本工業 〒224-0055 神奈川県横浜市都筑区加賀原1-8-7

水漏れ・つまりの水道トラブル 24時間・365日対応 045-500-9313 090-8109-3351

Copyright © 水道工事・下水道工事から水周りのリフォームまで|横浜市 橋本工業. All Rights Reserved.